乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5543]
性別:女性
年齢:48歳

1月に乳がんの診断を受けました。

(腫瘍の大きさ48mm、皮膚浸潤有り)
腫瘍が30mm以下になると温存手術ができると言われ
FEC療法を6回行いました。

(FEC2クール目→28mmと薄く、小さくなりました)
(FEC6クール目→CTの画像上では消失)
しかし、エコーにはがんの瘢痕組織が黒く写っており、
その後PET-CTを行いました。

結果、がん細胞は消失し、再発、転移を示唆する所見なしと診断されました。

9月に温存手術を受けました。
術前の説明では
化学療法前→T4 ,N0~1,M0 ステージⅢ
化学療法後→T0~1,N0 ,M0 ステージⅠ と言われました。

手術では、乳房の1/4(60mm×32mm×12mm)を切除し、センチネルリンパ節生検では、リンパへの転移は有りませんでした。

しかし、切除したがん細胞を病理検査したところ、2/3以上のがん細胞は委縮、消失したが、がん細胞が薄く、広く残っていました。

温存した乳房内の消えた部分にも、がん細胞が残っている可能性が高い為、再手術で全摘するか、化学療法をするかを選択するよう言われました。
全摘のショックや化学療法や再発への不安で、どうして良いのか分からず、悩んでおります。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「再手術で全摘するか、化学療法をするかを選択するよう言われました」
⇒そもそも「48mm、皮膚浸潤有り」では、(術前化学療法の有無にかかわらず)「温存手術そのものがリスクが高すぎる=勧められない」と思います。

 全摘すべきでしょう。

 ☆そもそも(局所療法である)「再手術」と(全身療法である)「化学療法の追加」を同列で議論する事自体、誤りです。
  『局所の借り(断端陽性)」は「局所(手術)で返すべき』であり、(全身療法である)「化学療法で返すという発想そのものが誤り」だと思います。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。