乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


[管理番号:499]
性別:女性
年齢:44才

今年の3月に乳癌検診を受けました。

検診では、触診とマンモグラフィーをおこない、触診では右乳房に2つ、左乳房に1つのしこりを指摘され、マンモグラフィーは、異常なしとのことでした。

しこりがあるので、超音波検査をした方がよいとのことで、4月中旬に受けたところ、1つに血流が見られると言われました。

二週間まえに、造影剤を使ったMRIをしました。

明後日、超音波下で針を刺して検査をすることになっています。この検査は、針生検なのでしょうか?

それとも細胞診なのでしょうか?

また、このような検査をするということは、かなり乳癌が疑わしいということでしょうか?
(2015年6月の質問)

 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「触診で指摘された、しこり」ですね。
 超音波検査で「腫瘍を1個」確認し、「針生検より先に」MRIを撮影されたのですね。
 「MRI所見の結果説明」をされた後に「超音波下に針を刺す検査:針生検だと思いますが(細胞診も全く同じ表現となります)」が予定となっているのでしょうか?

回答

「この検査は、針生検なのでしょうか?それとも細胞診なのでしょうか?」
⇒前述したように「針生検も細胞診も全く同じ表現(超音波下に針を刺す)」を用います。

 ただ、事前に「MRIを撮影しておきながら」今更「細胞診」ではないと思います。『針生検』だと思います。
 

「このような検査をするということは、かなり乳癌が疑わしいということでしょうか?」
⇒わざわざ「事前にMRIを撮影」しているところを見ると「乳癌を疑っている」ように思います。
 

◎おそらく「先にMRIを撮影」することにより、「MRIで癌が疑われない」場合には「経過を見ましょう」とするつもりだったと推測されます。
 今回は「MRI所見で癌が否定できない」から「針生検する」ような『診療の流れが想像』されます。

★私は「診断にMRIを用いる」のには全く反対です。
 MRI所見で「癌が疑われなかった」けれど、『実は癌だった』例は沢山あるのです。

 
 

 

質問者様から 【質問2 針生検】

先生、先日は早々のお返事をありがとうございました。

6月5日に針生検を受けてきました。当日は、まず2週間前に受けたMRIの結果についての話があり、1つは腫瘍として写っているが、悪い物のようには見えないとのことでした。

MRIでは確実に乳癌ではないと言い切れないので、針生検をしますと。

MRIをしたのは、私が脂肪の塊のようなものができやすい体質らしいので、今後、現在との比較の材料とするためと説明されました。

針を刺す前に、超音波での所見も説明されました。7mmのものが2つ、5~6mmのものが1つあり、どれも硬さはそれほどないとのことでした。

念のため3つ全て検査をして、18日に結果を聞きに行きます。

 

田澤先生から 【回答2】

 こんにちは。田澤です。
 診療の流れが「触診とマンモ」(検診)⇒「超音波」⇒「MRI」⇒「針生検」 これらを全て別々の日に行っているため「針生検」にたどり着くまで2カ月以上(3カ月?)も要している事にまずは驚きます。

回答

 MRIをした理由が「脂肪の塊のようなものができやすい体質らしいので、今後、現在との比較の材料とするためと説明」
⇒理解できない理由です。
 通常は「超音波」で比較していく筈です。
 

◎何はともあれ、「針生検」した事は幸いでした。

 本日のメール内容からは、担当医は「癌が疑わしいからMRIを撮影した訳ではない」ような感じですので、結果を待ちましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。