乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:4156]
性別:女性
年齢:39歳

術後の治療について

39歳です。
左乳房下外側部乳がんと診断され、10月半ばに温存手術、病理で断面に細胞が接近していた為、11月半ばに再切除を行いました。
1月より放射線を行います。

病理の結果
Invasive ductal carocinoma
Solid-tubular carocinoma
ER 70% PgR 80% HER2 1+ リンパ節1個に転移あり。

異型度1 浸潤径 28×16×10mm ki67 27.2 T2 N1 M0 ステージ2b
でした。

主治医との話では、抗がん剤はあまり効かない。
悪い物は全て取ってしまったのだから、体にない悪い物に対して抗がん剤を使う必要はないのではないか。
のようなニュアンスで言われ一度は納得したものの、ホルモン剤
Zold+TAM だけの治療だけで良いのか不安になり質問させていただきました。

先生はこのケースだとどのような判断をされますか?
抗がん剤あり、とホルモン療法だけの治療、どちらともした場合と再発率、生存率を教えて下さい。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

pT2(28mm), pN1, luminal
Ki67=27.2%なのでルミナールAの可能性が高そうです。
♯ 『今週のコラム53回目 Ki67が「30未満」ならホルモン療法単独、Ki67が「30以上なら、Oncotype DXを推奨」しています。』をご参照のこと。

「先生はこのケースだとどのような判断をされますか?」
⇒ホルモン療法単独(担当医のように タモキシフェン+LH-RHagonist)とします。

 ただ、希望があれば「Oncotype DXをお勧め」します。(上記コラムで「30以上」と書いてはいますが…)

「抗がん剤あり、とホルモン療法だけの治療、どちらともした場合と再発率、生存率を教えて下さい。」
⇒Neoadjuvant.comでは…

再発率 10年生存率
ホルモン療法単独 24% 86%
ホルモン療法+化学療法 16% 90%




「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。