乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

[管理番号:4204]
性別:女性
年齢:35歳

はじめまして。

今月(上旬)日に乳がんが見つかりました。

もともと胸に突き刺す痛みがあり、診察しました。

左側に2センチ以下。

CTでの転移は見つかりませんでした。

数値的なものは何も教えてもらえず、突然のことにビックリして私も何も控えていません。

まだ小さいのでセンチネル節…を勧められましたが、診察した病院では出来ないので、大学病院を紹介するとのこと。

順番待ちなので手術まで2ヶ月かかると言われました。

質問1 乳がんの進行は遅いといいますが、出来るだけ進行を抑えるために、些細なことでも何か自分で出来ることはありますか?

質問2 評判のいい先生を頼って行ったとして、実際の手術をその人がするとは限らないものでしょうか?大きな病院です。

質問3 子宮内膜症を患っています。
もし転移した場合に弱っているとこ
ろに行きやすいということはありますか?
また、術後の治療次第で何か影響はありますか?

大変お忙しいと存じますが、ご回答よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「左側に2センチ以下。CTでの転移は見つかりませんでした。」
⇒当然です。
 遠隔転移などあるわけがないし、そもそも「腋窩リンパ節」は「超音波で検査すべき」ものです。

 35歳という「出産可能年齢」の女性に対し、『全く無意味に高線量の医療被曝をさせること』決して看過できません。

「質問1 乳がんの進行は遅いといいますが、出来るだけ進行を抑えるために、些細なことでも何か自分で出来ることはありますか?」
⇒ありません。

 できるだけ「くだらないネットの情報を見ることなく」ストレスの少ない生活をすることです。

「質問2 評判のいい先生を頼って行ったとして、実際の手術をその人がするとは限らないものでしょうか?大きな病院です。」
⇒大きな病院では、誰が手術をするのか解りません。

「質問3 子宮内膜症を患っています。もし転移した場合に弱っているところに行きやすいということはありますか?」
⇒子宮に転移することは絶対に(1000%)ありません。
 ご安心を。

「また、術後の治療次第で何か影響はありますか?」
⇒子宮内膜症があると(程度次第ですが)タモキシフェンが使いずらくなります。
 その場合には「婦人科医と相談の上」LH-RHagonistとの併用も考慮することとなります。(そもそも35歳であれば、LH-RHagonistは必須となるので問題はありません)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。