乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

[管理番号:4198]
性別:女性
年齢:48歳

先生のおかげで荒れた心を毎日フラットに近くすることが出来ています。
心から感謝をしています。
先生の様な方がいらっしゃる事が皆の救いです。

わたくしに関して先生のご意見を頂きたく問い合わせをさせて頂きました。

1月末に全摘リンパ節郭清の手術予定です。

流れは
一カ月前に
乳房上部少し内側寄り
によく動くしこりを見つけすぐに
専門医でエコーを受けました。

腫瘍は1.7センチ
石灰化もあり
悪性の可能性が高いとこの事で細胞診をし
がんセンターへ紹介状をもらいました。

翌日診察をし
そこから一週間の間にエコー、造影剤MRI、造影剤CT、針生検
を行い年末に確定診断を受けました(腋窩リンパ転移含む)

遠隔転移は見られず

原発乳癌の大きさは2センチ未満(1.5~1.7)だが、リンパ転移があり

針生検の結果
ER95
PgR85
HER2:score -
ki67は24
ステージⅡB
ルミナールAもしくはB
の予測の元手術予定です。

術後の抗ガン剤はやると思うと言われています。

同時再建の提案をしましたが
うーん、、、と言われてスルーされた感じです。

(再建しても再発するから意味がないと思っているのか?などと考えてしまいます)

先生のQ&Aを見ていると自分の状態は把握でき前向きになれます。

でも私は病院に行くと
この前向きな気持ちがしぼんでしまいます。

担当医が確定診断の時にリンパ転移のMRI画像を見せながら、こんな風に言っていました。

「ほら、見てください。
結構離れてるのにこんな所に転移してるんだよねぇ、
あと気になるのはもう一つこの小さい物でこれは生検してないから分からないけどこの二つだね。」

離れてる事を強調され不安になりました。

場所は脇の下のちょうど真ん中より少し下程度のところで、腫瘍は5ミリにも満たない感じです。

その後認定看護師さんからこれからの治療に関してお話がありましたが、始まりの言葉は
「残念ながら腋窩リンパ転移があったと言う事で、、、」

でした。

一生懸命前向きに考えていたのですが
【離れたところに残念ながら転移してしまった残念な癌患者】と言う自分になり

この言葉が頭の中を巡ります。

この病院に命を預ける事に不安になり、そして先のない癌患者として私は扱われるのかと息苦しくてしかたありません。

私の癌は残念な(先のない)ものなのでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

cT1c(17mm), cN1?, luminal
Ki67=24%であれば(針生検ではなく、病変全体で評価すべきですが)luminalAの可能性が高そうです。
「ルミナールAではリンパ節転移の有無にかかわらず化学療法によるbenefitが無い」
ことが解っているのに「術後の抗ガン剤はやると思うと言われています」というのは
腑に落ちません。
頭が硬い担当医には、OncotypeDXの結果を見せて「有無を言わせない」位の気持ちが必要なようです。

「残念ながら腋窩リンパ転移があったと言う事で、、、」
⇒言いたい人には言わせてあげましょう。

 全く無意味な話です。
 「リンパ節転移と遠隔転移の区別もつかない」ようでは「認定」は早すぎるようです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。