乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:3795]
性別:女性
年齢:67歳

田澤先生初めまして、いつも拝見しております。
9月(上旬)日に左胸を全摘手術しました。

病理組織診断は浸潤性乳管癌(充実腺管癌)
浸潤径:9㎜、
悪性度:Ⅲ
リンパ節転移:センチネル(0/3)転移なし
切除断端:陰性
エストロゲン受容体(100%)
プロゲストロン受容体:陰性
ハーセプテスト:陽性
ki67:38、6%
ルミナールB(HER2陽性)タイプです
9月(上旬)日からホルモン剤フエアストンを飲んでいます。

抗がん剤はパクリタキセルとハーセプチンを勧められていますが
副作用が楽な分転移再発のリスクが高くなるような気がして不安です。

田澤先生のご意見をお聞かせいただければ幸いです。

私は入院中に体重が落ちて、現在は39Kgです。
胃が弱くて胃薬を飲んでいます。
グレードがⅢとKI67が高いので転移しやすいのかと心配です。
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

pT1b(9mm), pN0
完璧な早期癌です。
抗HER2療法をスルわけですから、再発超低リスクと言えます。

「抗がん剤はパクリタキセルとハーセプチンを勧められています」
⇒妥当な判断です。
 私も完全に一致します。

「副作用が楽な分転移再発のリスクが高くなるような気がして不安」
⇒そんな事を心配する状況ではありません。

 再発超低リスクです。

「グレードがⅢとKI67が高いので転移しやすいのかと心配」
⇒早期である事が重要です。
 「全くの杞憂」です。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

田澤先生、先日はご回答をありがとうございます。
先生のQ&Aはとて
も勉強になります。
充実性乳管癌、大きさ9㎜、グレードⅢ、リンパ節
転移なし、ER100%、PR陰、HER2+3、KI67-38.
6%、
ER100%(100%ってあるのでしょうか)はホルモン剤がよく効
くということですか
顔つきと書いてありグレードⅢとは核グレードがⅢということでしょうか
悪性度について調べてみました、
核グレードⅢ(悪性度が高い)、がん細胞の大きさ形ともに多形成を示し核分裂像多数のもの。
このグレードは腋かリンパ節転移のない場合の
術後化学療法決定に不可欠な情報のひとつとされています。

腋かリンパ節転移のない場合は核グレード1、2、3、の5年健存率は
 98%、97%、81%ですとありショックを受けました。

さらに乳がんはどちらかといえばこの核グレードで予後がわかるといえる重要なものですと続きます。

早期でも、リンパ節転移がなくても決して安心できないと思いました。

グレードⅢでHER陽でパクリタキセルとハーセプチン療法で、充分転移を防げるのでしょうか。

最強ともいえる「ハーセプチン」に最強の「アンスラサイクリン系」の組み合わせの方がより効果があるのではないかと考えたりします。

若い方はEC+ハーセプチン療法をしていますが体重39㎏の私では副作用に耐えられないないのでしょうか。
後々後悔しないようにしっか
り治療したいと思っているのですが。

お忙しい中まことに申し訳ございませんが先生のアドバイスをお願いい
たします。
長々と申し訳ございません。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

今回のメールが「1週間経っていない」ことをまずはご指摘します。
勿論「どうしようもない事情」があれば別ですが。

まず一言。前回の回答の一部を抜粋します。
(前回の回答、一部抜粋)
「グレードがⅢとKI67が高いので転移しやすいのかと心配」
⇒早期である事が重要です。
 「全くの杞憂」です。

私に「何を聞きたい」のですか??
『質問者自身で調べると、自分は予後が悪いと(自分では)思うのですが、(前言を撤回して)予後は悪いと言って欲しい』のですか??
◎私は、前回回答したように、「グレードⅢとか、HER2タイプで予後が悪い」とは一切思っていません。
 それについては、前回も回答した筈ですが…

 もしも、ご自分で調べたネットの情報を信じるのであれば、それは(私にとっては)構わない事です。(ご本人の自由です)
 ただ、前回私が回答している事に対し、私が訂正する事などありえません。

「先生のアドバイスをお願いいたします。」
⇒前回と全く(1ミリも)変わりません。

 あくまでも早期乳癌。予後良好であり、「非アンスラサイクリンレジメンの適応」です。

 私の言う事を信じないのであれば、このQandAをしても無意味だと思います。

 
 

 

質問者様から 【質問3】

嚢胞内腫瘍について
性別:女性
年齢:68歳

田澤先生いつもお世話になっております。

先生にはお忙しい中ご丁寧なお返事をいただきまして大変感謝いたして
おります。
4回の抗がん剤(FECでした)の副作用は思っていたより
楽で現在はハーセプチン12回を終えたところです。

本日は嚢胞内腫瘍についてご質問させていただきます。

3年前健診で左胸に石灰化を指摘され乳腺クリニックを受診、マンモ、
エコー、触診の結果1年の経過観察でした。
翌年も同じクリニックを受診し異常なしといわれました。

7か月後の昨年7月に左胸に、ムニュムニュした柔らかいしこりのようなものがあり驚いて大きな病院の乳腺外科を受診しました。

そこでもマンモ、エコーの画像では癌が写らなかったのか担当の先生が
「良性の場合もあるので」とおっしゃっていました。

その場で針生検をしましたが、嚢胞の事は何も説明は有りませんでした。
当時私は「嚢胞」も「針生検のリスク」も全く知りませんでした。

2週間後の結果は乳がんでした。

最近「嚢胞内腫瘍について」のQ&Aを拝読し、左胸のムニュムユした柔らかいしこりのようなものは嚢胞内腫瘍だったのではないかと思うようになりました。

1、先生、左胸の柔らかいしこりのようなものは嚢胞内腫瘍だった可能
  性はありますでしょうか。

2、もし嚢胞内腫瘍だった場合針生検で癌細胞が体の中に広がったと考
  えられますか。

3、病理結果は充実腺管癌と記載されておりました、これは嚢胞内腫瘍
  ではないということですか。

  
4、もし針生検で癌が体じゅうに広がった可能性があるならFEC4回
  ハーセプチン18回、フエアストン5年の治療方針ですが、タキサ
  ン系を追加治療した方が良いのでしょうか。

わからないことばかりで長文になりましたこと誠に恐縮ではございますがご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

 

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「1、先生、左胸の柔らかいしこりのようなものは嚢胞内腫瘍だった可能性はありますでしょうか。」
⇒全く根拠がありません。(判断しようがありません)

 担当医に聞いてみましょう。

「2、もし嚢胞内腫瘍だった場合針生検で癌細胞が体の中に広がったと考えられますか。」
⇒全くの誤った理解です。

 嚢胞内腫瘍を破った場合の懸念は「乳腺内への散布」です。
 質問者は全摘しているのだから、無駄な心配です。

「3、病理結果は充実腺管癌と記載されておりました、これは嚢胞内腫瘍ではないということですか。」
⇒組織型は無関係です。
 どんな組織型であれ、乳管を閉塞すれば嚢胞内腫瘍の形態をとるのです。

「4、もし針生検で癌が体じゅうに広がった可能性があるならFEC4回 ハーセプチン18回、フエアストン5年の治療方針ですが、タキサン系を追加治療した方が良いのでしょうか。」
⇒前回、前々回の回答に全く変更はありません。(非アンスラサイクリンレジメンで十分)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。