乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5529]
性別:女性
年齢:41歳

田澤先生、初めて質問させていただきます。

どうか宜しくお願い致します。

9/末に右胸温存手術、センチネルリンパ生検をし、リンパ節郭清なし、
今日退院予定で、数日中に病理検査結果が出るのでまた病院に行くのですが、その前に先生にお聞きしたいことがあります。

右浸潤性乳管癌
ステージ1
しこり1.5cm
骨、臓器、リンパに転移なし
ホルモン陽性
Her2陰性
ルミナールA
ki67 18%
グレード2

病理検査の結果にもよるのですが、今の所、術後は放射線治療→ホルモン療法へと進むと聞いています。
しかし私はチョコレート嚢胞を持っておりまして(右卵巣に3cm大)、この過程の中で、チョコの治療もした方が良いのでしょうか?
例えば放射線治療→チョコの治療もしくは手術→ホルモン療法といった感じで。。

ただでさえチョコレート嚢胞は40代になるとガン化しやすいと聞いてるのに、乳がんになった事で更にガン化しやすくなるのではないかととても心配で夜も眠れません。

ちなみに半年に1回のペースで婦人科で卵巣の検査はしております。

しかし、今回乳腺外科の執刀医の先生にはチョコレート嚢胞の事はまだ言っておりません。

先生でしたらどのような診断をされますか?
どうか宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

要点としては
1.タモキシフェンは子宮内膜症にも卵巣嚢腫に対しても「指摘的に作用」するので好ましくない
2.上記を考えると(タモキシフェンなしの)LH-RHagonist「単剤」か、もしくはタモキシフェン+LH-RHagonistの「併用」を選択する。
 このどちらか(つまり、タモキシフェンを使用するかどうか)は「チョコレート嚢胞の状況」姿第と言えます。

「先生でしたらどのような診断をされますか?」
⇒上記です。

 タモキシフェンを禁忌とする必要があるのかは婦人科医に聞いてみましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。