乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5451]
性別:女性
年齢:49歳

私の乳ガンは左胸中心の下部で、
現在しこりの大きさは4cm位にまでなっています。
手術となれば乳房全摘と言うことになるのでしょうか?
また術後はどのような治療を受けるのでしょうか。
また治療の後遺症はどのようなものなのか教えていただけないでしょうか。
宜しくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

話は整理して考えましょう。

手術ですが…
「全摘やむなし」であれば、「手術(全摘)」⇒「術後の薬物療法(サブタイプに応じて)」
「小さくして温存を希望」であれば「術前抗癌剤」⇒「手術(温存)」⇒「術後の薬物療法(サブタイプに応じて)」

「また術後はどのような治療を受けるのでしょうか、」
⇒サブタイプに応じた治療です。

「また治療の後遺症はどのようなものなのか教えていただけないでしょうか。」
⇒「後遺症」とは「副作用」のことですか?

 ホルモン療法 更年期症状、ホットフラッシュ、関節痛
 抗癌剤    吐き気(アンスラサイクリン) 脱毛(アンスラサイクリン、タキサン) 浮腫(タキサン) 痺れ(タキサン)

☆サブタイプとは腫瘍の性質(ER, PgR, HER2)で決まります。
 (以下、参考に)
 ◎サブタイプとは?
組織検査(針生検や手術標本)などで以下の3点を調べます。
   エストロゲンレセプターの発現(ER)
プロゲステロンレセプターの発現(PgR)
HER2蛋白の過剰発現の有無(HER2)
⇒これらの組み合わせで
     1.luminal type:(ER陽性のもの)は以下の3群に分かれる
       ①luminalA(HER2陰性及びKi67低値)ではホルモン療法単独
②luminalB(HER2陰性及びKi67高値)では、(ホルモン療法に加え)化学療法         
       ③luminalB(HER2陽性)では、(ホルモン療法に加え)抗HER2療法を行う
        ♯抗HER2療法:(分子標的薬である)ハーセプチン+(通常の)抗癌剤
     2. HER2 type:(ER陰性でHER2陽性のもの) 抗HER2療法を行う
     3.トリプルネガティブ:(ER陰性、PgR陰性、HER2陰性)通常の抗癌剤を行う





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。