乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


[管理番号:3578]
性別:女性
年齢:34歳

初めまして。
先生のお話で勉強させていただき、気持ちも落ちすぎる事なく励みになっています。

私は左上の嚢胞(痛みがある)に悪性の疑いがあり、今細胞診の結果待ちです。

8月(中旬)日に以前からある嚢胞の側に小さなシコリを感じ乳腺外科にいきました。
マンモグラフィー、エコーをし、先生も嚢胞がいくつか確認できた。
でも以前からある嚢胞の形がしっかりしてないように見え、中も真っ黒でなく、薄くモヤモヤして見える(エコー所見)から針生検をしました。
結果はクラスⅣで、先生も驚いたようです。

驚いたのには少し理由がありまして、5月に市の検診のエコーを受けていて、2014年11月にも受けており、いずれも嚢胞と診断されました。

サイズは2014年が2センチ、5月が7ミリ、今回の病院では1.7センチと誤差があります。
2015年は不妊治療で妊娠し、5月に出産しました。

その後、細胞診をし、造影剤を使った胸部のMRIを撮り、9月(中旬)日に結果がでます。

私が気になっているのは、かなり前からあったら嚢胞?と思っていたものが悪性の可能性があり、2センチですが悪性であった場合の推測される進行や癌の種類。

左肩肩甲骨が痛むのは関係があるか。

良性の可能性はあるか。

悪性だった場合、無知な私はまずどのような事を病院と進めるべきか。

そして、先生の見解を聞きたいです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

そもそも医師自身が「悪性とは思っていなかった」程度のもので、「進行度を心配」する事自体「ナンセンス」です。
もしも本当に進行しているものであれば、「医師には一目でわかる」わけなのです。

「嚢胞の形がしっかりしてないように見え、中も真っ黒でなく、薄くモヤモヤして見える(エコー所見)」
⇒嚢胞ではなく、「嚢胞内腫瘍」ということですね。

 「嚢胞」だと思っていたら、実は「嚢胞内腫瘍だった」というケースは、それ程珍しくはありません。
 「嚢胞とは乳管(が拡張したもの)ですから、その乳管の壁にできた腫瘍が小さいうちは見逃され易い」のです。

「針生検をしました。結果はクラスⅣ」
⇒クラスⅣということは「針生検ではなく、細胞診」ですね。

「かなり前からあったら嚢胞?と思っていたものが悪性の可能性があり、2センチですが悪性であった場合の推測される進行や癌の種類。」
⇒(もしも癌だったら)「嚢胞内癌」ということになります。

 Intracystic papillary carcinomaなどの可能性があります。
 進行度は「嚢胞壁内に留まる=非浸潤癌なのか?」、「壁外浸潤があるのか?」により異なります。
 ただし、「明らかな壁外浸潤が存在」すれば、担当医も気づく筈だから、「驚いていた」様子からは「壁外浸潤は無い、もしくは極一部」となります。
 つまり早期です。

「左肩肩甲骨が痛むのは関係があるか。」
⇒無関係です。

「良性の可能性はあるか。」
⇒細胞診でクラスⅣとなると可能性は低いとは思います。

 良性の場合は嚢胞内(乳管内)乳頭腫ということになります。
 一部「異型を伴う乳管内乳頭腫(あくまでも良性)は癌との鑑別が困難」となるので、その可能性はあります。

「悪性だった場合、無知な私はまずどのような事を病院と進めるべきか。」
⇒手術です。

 MRIによる「拡がり診断」で術式が決まります。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

先日はお返事本当にありがとうございます!
本日(中旬)日に結果を聞いてきました。

左胸の内側上部にシコリ。

大きさは2.5センチ。
その近くにもシコリがあり
合わせると5センチになるようです。

表面の部分にも小さな怪しい点があるようで一連の物と思われるようです。

トリプルネガティヴでMRIでは脇の転移などはなさそうですがそこは手術して検査しなければ分からないようです。

今後は、10月(上旬)日にCTなどの術前検査をして
10月(下旬)日に左乳房全摘をします。

その後、化学療法を進めていくようです。

遠隔転移など転移の可能性はありますか?
私は治りますか?
知識ぐ浅く不安ばかりです…子ども1歳、主人の為にもばぁちゃんになるまで行きたいです!!

今後はどのような流れが理想でしょうか?
手術は全摘で良かったですか?
再発しないためにどのようにしていけばいいですか?

怖いです…先生、お願いします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

○トリプルネガティブというだけで「術前化学療法をむやみに勧めたがる医師が多
い」なか、「手術先行」であることに安堵しました。

「10月(下旬)日に左乳房全摘をします。その後、化学療法を進めていくようです。」
⇒トリプルネガティブでは「化学療法が必須」となります。
 
 複数の病変のようなので、「小さくして温存ができない」以上、「手術先行⇒術後化学療法」でいいのです。

「遠隔転移など転移の可能性はありますか?」
⇒ありません。

「私は治りますか?」
⇒実際の状況(浸潤径など)が不明なので、正確な%は出ませんが…

 イメージとしては(化学療法すれば)80%異常は根治すると考えてください。

「今後はどのような流れが理想でしょうか?」
⇒今の流れでいいのです。

「手術は全摘で良かったですか?」
⇒複数のしこりがあるので、当然全摘です。

「再発しないためにどのようにしていけばいいですか?」
⇒今の治療方針でいいのです。

 
 

 

質問者様から 【質問3】

いつも先生の質問の回答などを見て勉強させてもらっています!
手術を(中旬)日に控え、いくつか質問がありますのでお願いします!

先月の告知で気になったのですが、シコリのある左胸の外側に白い点々があり、MRIを見ながら一連のものと言われたのですが、同じようなものが右胸にもありました。
担当医は、MRI後の何かの数値?のグラフを見せて、癌なら数値は上がっていくが、右は下がり気味だから乳腺の詰まりと思うとのことで、特に何もしませんでした。

もしも癌なら、こんな怖いことはない!と思うのですが、詳しく見てもらったほうがいいですか?

なにもせず、手術を待っている状況で、身体の痛みなどは生理的なものだと思って普段通り過ごしているのですが、最近ピリピリした痛みがシコリの辺りから首筋にあります。
脇の付け根辺りにもあり、先日鏡で脇を上げて見ていると、脇の窪みではなく、脇の付け根、胸側のとこに1センチほどのシコリ?を見つけました。
指で動かせる、柔らかく感じるものです。
これは気にしなくていいですか?癌の可能性はありますか?

CTは(上旬)日なのですが、MRIではリンパの転移はなさそうとのことでした。
それから1ヶ月以上空けて手術なのですがトリプルネガティブでも転移や、進行は気にしなくてもいいのでしょうか?
左足の付け根なども痛みます。

回答、どうぞお願いいたします!

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

「MRI後の何かの数値?のグラフを見せて、癌なら数値は上がっていくが、右は下がり気味だから乳腺の詰まりと思う」
⇒time intensity curveです。

 病変の「造影剤増強効果」を「時間軸」で見ていくものです。

mri
 

「もしも癌なら、こんな怖いことはない!と思うのですが、詳しく見てもらったほうがいいですか?」
⇒本来は「MRIは診断に用いるべきではない(あくまでも拡がり診断に留めるべき)」のです。

 担当医自身に「超音波をしてもらい確認してもらいましょう」
 そして必要なら「針生検してもらえばいい」だけの話です。

「最近ピリピリした痛みがシコリの辺りから首筋にあります。脇の付け根辺りにもあり、先日鏡で脇を上げて見ていると、脇の窪みではなく、脇の付け根、胸側のとこに1センチほどのシコリ?を見つけました。」
⇒癌とは無関係な症状です。

「これは気にしなくていいですか?」
⇒気にする必要はありません。

「癌の可能性はありますか?」
⇒ありません。

「CTは(上旬)日なのですが、MRIではリンパの転移はなさそうとのことでした。」
⇒CTなど無用な検査です。
 無駄な「医療被曝」に注意しましょう。

「それから1ヶ月以上空けて手術なのですがトリプルネガティブでも転移や、進行は気にしなくてもいいのでしょうか?」
⇒全くありません。(トリプルネガティブと進行度を関連付ける必要は全くありませ
ん。 あくまでも治療法と関連付けましょう)

「左足の付け根なども痛みます。」
⇒1000%無関係です。
 余計な事を考えるのは「身体によくない」ことです。
 気晴らしでもしてみましょう。

 
 

 

質問者様から 【質問4】

質問no.3578

以前質問させていただいてから、度々開いては先生の回答で元気を貰っ
ています!
今回、手術を受けて病理結果がでました。

質問がありますので、よろしくお願いします。

病理結果は病院で貰った用紙の通りに書きます。

リンパ節転移の有無→陰性(0/4)
病理学的腫瘍径→31×24㎜(断端マイナス)
グレード→3
腫瘍周囲の脈管侵襲→リンパ管1、血管0
HER2/neu→1
ホルモン受容体→ER-(1%未満)PR-(0%)
トリプルネガティブでステージ2aと言われました。

術後治療なのですが、転移が無いからTC療法3カ月することを勧められ
ました。

私は先生の回答からアンスラタキサンだ!と思っていたので聞いてみる
と、どちらをしても変わらないと言われました。
先生ならどうされます
か??
無治療、TC療法、アンスラタキサンで
どのくらい再発率が違いますか?

私の乳がんは治りますか?

以前の質問で乳がんのある左脇にコロコロしたものがあったと書いたの
ですが、術前には確認してもらえませんでした。
術前での検査、先日は
エコーもしてもらい、問題無い!血管かな?と言われましたが右にはあ
りません。

ここまですれば、気にしなくて大丈夫でしょうか?

抗ガン剤が終わって妊娠出来たらなと思っています。
再発のし易い3年か
ら5年は様子を見た方がいいですか??

先生に聞いてみたかったのですが、自分とサブタイプや状況が似ている質問などを見ていると再発率が素人イメージより低くて元気をもらっています。
先生のように沢山の様々な状況の患者さんを見ていても再発率は妥当だと感じますか??

ステージやサブタイプに囚われず、目の前の治療と楽しい時間を大切にしようと思います!
沢山質問してしまいましたが、よろしくお願いします!

 

田澤先生から 【回答4】

こんにちは。田澤です。

「先生ならどうされますか??無治療、TC療法、アンスラタキサンでどのくらい再発率が違いますか?」
⇒アンスラタキサンです。(トリプルネガティブに対する治療のスタンダード)

 無治療40%
 TC 28%
 アンスラタキサン 23%

「左脇にコロコロしたもの」「エコーもしてもらい、問題無い!血管かな?と言われましたが右にはありません。」「ここまですれば、気にしなくて大丈夫でしょうか?」
⇒大丈夫です。

 信用してあげましょう。

「抗ガン剤が終わって妊娠出来たらなと思っています。再発のし易い3年から5年は様子を見た方がいいですか??」
⇒抗ガン剤終了後3カ月経てばOKです。

「先生のように沢山の様々な状況の患者さんを見ていても再発率は妥当だと感じますか??」
⇒正直な話・

 世の中に出回っている数字は「高すぎる」と感じます。
 それ程「再発」する患者さんは多くはありません。

「ステージやサブタイプに囚われず、目の前の治療と楽しい時間を大切にしようと思います!」
⇒その通り。
 やるべき事をやるだけ。シンプルにいきましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。