乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5531]
性別:女性
年齢:48歳

いつも大変お世話になっております。

健康診断で右乳房下外側部に乳腺構築の乱れの指摘があり、先月9月13日に初診で田澤先生にエコー検査をしていただきました。

異常無しとのことで安心しました。

上記の指摘があったときに、健康診断の病院でMRIの予約が入っていたので、後日に受けてみたところ、本日、上記とは異なる右CA領域で指摘がありました。

「MRI検査報告書」
<所見>
右CA領域に7mmの造影効果を認めます。

Slow-persistent patternでリング状に増強されており、一部は早期濃染しています。

Central enhancement(+)。

DWI高信号は認められませんが、乳管内病変の可能性があります。

健康診断の病院で、細胞診をしましよう、と言われたのですが、マンモトーム生検でなくてもよいのでしょうか?
不安で不安で仕方がなく、田澤先生に質問させていだだきました。

お忙しところ、大変申し訳ございません。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

私が超音波して異常無としているのに、MRIの所見など私には関心はありません。
質問者が不安になっているのは解りますが、私の回答には何ら影響はありません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。