乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


[管理番号:3924]
性別:女性
年齢:39歳

田澤先生、よろしくお願いします。

病院に受診した方が良いのか、様子を見ていても良いのか判断できず相談させてください。

右脇にしこりがあります。

最初に見つけたのは約3年前で妊娠中でした。

病院で診てもらい、悪いものではないと言われました。

その後毎年、乳癌検診をしていますが異常を指摘されたことはありません。
右脇のしこりについては、副乳と言う先生も居たり、脂肪のかたまりと言う先生も居たりでハッキリしませんが、悪いものと言われた訳で
はないので放置していました。

約3年になる脇のしこりとの付き合いですが、時々生理前にチクチクする程度でした。

最近になって妊娠が判明しました。

まだ7週目ですが、両胸が張って痛みがあります。

妊娠のせいか、乳首の色も黒ずんできました。
これは1人目の妊娠の際
にもあったので気にしていませんが、右脇にあるしこりが大きくなって痛みだしました。
ガマンできない程の痛みではありませんが、明らかに大きくなっています。
脇を閉じると何か挟んでいるような感覚です。

妊娠中で色々と不安になっているので教えてください。

①右脇のしこりは乳癌に関係ありますか?
(旦那は私の考えに呆れており、悪いものであれば見つかってから3年も経つのだからすでに、癌になっているであろう。。
と言います)
旦那な考えが正しいのでしょうか?

②最近では6月に乳癌検診を受けました。

触診とエコーとマンモで異常はありませんでした。

田澤先生はしこりの件で他の病院などに受診する必要はありますか??

③以前より痛みがあり、大きくなっていますが、放置していてもよろしいでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

結論から言うと「全く問題無」
ご主人の考え方が正しい、常識的です。

○ご本人が「無駄に」悩んでいる原因が(いままでかかってきた)「医師の無知」によるものである事を残念に思います。
「右脇のしこりについては、副乳と言う先生も居たり、脂肪のかたまりと言う先生も居たりでハッキリしません」
⇒ここでビシッと「副乳です。 副乳は(乳腺同様に)妊娠授乳期に発達(して、終わるとまた萎む)、(乳腺同様に)そのような時期には痛みなどの刺激症状もある」と診断してくれたら、ご本人が「無駄に悩む」必要は全く無かったわけです。

「右脇にあるしこりが大きくなって痛みだしました。ガマンできない程の痛みではありませんが、明らかに大きくなっています。脇を閉じると何か挟んでいるような感覚」
⇒解りましたか??

 副乳ですから、『妊娠期に痛くなり大きくなるのは当たり前』です。

「①右脇のしこりは乳癌に関係ありますか?」
⇒1000%無関係です。

「(旦那は私の考えに呆れており、悪いものであれば見つかってから3年も経つのだからすでに、癌になっているであろう。と言います)旦那な考えが正しいのでしょうか?」
⇒全くその通りです。
 極めて常識的な考えです。

「田澤先生はしこりの件で他の病院などに受診する必要はありますか??」
⇒全くありません。

「③以前より痛みがあり、大きくなっていますが、放置していてもよろしいでしょうか?」
⇒副乳だから(妊娠期に痛くなったり、大きくなったりするのは)当たり前です。

 是非、そのままにしてあげてください。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。