乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


[管理番号:466]
性別:女性
年齢:28歳

何ヵ月か前から胸の腫れには気がついていたのですが、特に痛みもなくそのまま様子を見ていました。

しかし生理が来て胸は更に全体的にカチカチに硬くなり、うつ伏せになったり、触れるとチクチクとした痛みが生じたため怖くなり個人の外科クリニックへ。
エコーを見てもらったら痼や粒は見えない。
乳腺症は乳房がこんなに硬くならない。
炎症かと思ったけど、授乳(妊娠の可能性)もなしならちょっと判断出来ないとのこと。

総合病院を紹介され、その日のうちに乳腺外来の先生の診察を受けました。
エコーを見てもらい痼などの話は一切なかったのですが、硬く腫れている胸を触りながら「繋がってる?」「気になるな」みたいなことを呟いてました。そのまま針生検で一回だけ細胞を取り、来週に造影剤を使用してのCT検査を受け、再来週に結果の説明があるのですが、その時は家族を連れてきて下さいと言われました。

これは乳癌の可能性が高いということなのでしょうか?
不安で仕方ないです…

 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「胸は更に全体的にカチカチに硬く」という症状、「炎症かと思ったけど」という担当医のコメント
 とても気になる症状です。
 「医師の説明、診断」には十分注意をしてください。
 「誤診により」大変な不利益となった患者さんを私はしばしば目にしています。

回答

「これは乳癌の可能性が高いということなのでしょうか?」
⇒「炎症性乳癌」と「肉芽腫性乳腺炎」の両方の可能性がありそうです。

 「皮膚に赤み」はありますか?
 どちらも「皮膚に赤み」がでて「炎症がある」ように見えます。
 『乳房全体の皮膚に赤みがあり、浮腫状の場合には炎症性乳癌』を強く疑い、『同様の所見でも乳房全体ではない(ある程度限局)ならば肉芽腫性乳腺炎』を疑います。
 なかなか、画像診断だけでは鑑別はつきずらいので

 どちらも「経験不足」だと「誤診のもと」となります。
 「針生検の結果」に十分な注意を払う必要があります。

★針生検によって通常は診断がつきます。
 ただし、(誤った部位からの針生検や針生検自体の技術不足により)「確定できない」場合は「誤った治療をされる」可能性があります。
 非常に注意が必要です。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

丁寧な回答ありがとうございます。

カチカチだった胸の腫れと痛みなのですが、生理が終わり大分楽になったように思います。

胸は一部硬いところがあるのですが…

回答にあった胸が赤くなるとは痛みがある右胸の方だけなのでしょうか?鏡の前に立って左右見比べてみても、特に赤いという感じはないのですが、素人が見ても分かるくらいに赤くなるものなのでしょうか?

また乳輪の横辺りが平らになっている気がします。
血管のような青い筋が浮き、そういった症状もあるのでしょうか?

何度も申し訳ございません。
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

 こんにちは。田澤です。
 前医の反応「炎症か?」というコメントから『乳房全体が赤く硬くなる=炎症性乳癌』も想像していたのですが、今回のメール内容からは、「少し違う」印象です。

回答

「素人が見ても分かるくらいに赤くなるものなのでしょうか?」
⇒「これは、ただ事ではない!」と必ず感じる程赤くなります。

 「特に赤いという感じはない」という質問者の表現からは「違う」ようです。
 

「血管のような青い筋が浮き、そういった症状もあるのでしょうか?」
⇒そのような症状はありません。

 「皮膚が赤く、ごわごわして乳腺全体が硬くなります」
 

◎今回のメール内容からは「炎症性乳癌は否定的」です。
 「カチカチだった胸の腫れと痛みなのですが、生理が終わり大分楽になったように思います」という事ですし…
 やはり、「針生検の結果」をきっちり見守りましょう。

 
 

 

質問者様から 【質問3】

何度もすみません。

その他に左胸と比べて乳輪の辺りが腫れ、奥がチクチクと痛みます。
そういった症状もあるのでしょうか?

ただ待つだけの時間が不安で、ネットで検索しては怖くなってしまっていました。
先生の回答にはとても感謝しております。
ありがとうございます。

 

田澤先生から 【回答3】

 こんにちは。田澤です。

「乳輪の辺りが腫れ、奥がチクチクと痛みます」
⇒「炎症性乳癌」よりは、「炎症(肉芽腫性乳腺炎や、乳輪下膿瘍など)」のような症状です。

 「赤みが無くて、皮膚も浮腫状でなければ」炎症性乳癌では無いと思います。(実際に見れば解るのですが…)

 
 

 

質問者様から 【質問4】

もう一度質問があってやってきました。
針生検の思った以上に結果が悪かったです。

推定組織型が浸潤性乳管癌、硬癌
ERとPgrは陰性の0%
HER2はスコア2プラス弱い不完全な膜染色を見る細胞が10%以上
HIB-1が30.7%

ホルモン感受性からはトリプルネガティブ乳癌の可能性も否定出来ず、fishによる検討が必要とのことです。

腫れていると思ったのはそのまま痼だったようです。先生からは7センチくらいあると言われました。t3n1m0とのことです。

検査をした病院には乳腺外科がないので、別の病院を紹介されることになりました。

もし手術をする場合は化学療法と手術どちらが先が良いのでしょうか?もしトリプルネガティブだった場合、抗がん剤が効かない可能性もあるんですよね…すでに7センチと大きくなっているので、効かない場合とても恐ろしいです。
少しでも長く生きれるよう相談にのっていただきたいです。よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答43】

 こんにちは。田澤です。
 乳癌の診断でしたか。
 お気持ち、お察しします。

回答

「もし手術をする場合は化学療法と手術どちらが先が良いのでしょうか?」
⇒皮膚の状態がやや心配なのですが…

 皮膚に問題無いなら、是非「手術先行」とすべきです。
 化学療法は術後で構いません。
 

「少しでも長く生きれるよう相談にのっていただきたいです。よろしくお願いいたします。」
⇒また、何かわかりましたらご質問ください。

 決して絶望的な状況ではありません。
 根治をめざして頑張りましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。