乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

[管理番号:1558]
性別:女性
年齢:29歳

初めて質問させて頂きます。よろしくお願いします。

先週、乳腺外科でマンモグラフィーとエコーの検査を受けました。2010年(24歳)から何度か診てい
ただいており、マンモグラフィーは26歳の時に一度受けました。

今まであった左の線維腺腫であろうもの(細胞診は未実施)は消えている(小さくなっている?)ので気にしなくて良いでしょうとのことだったのですが、右に石灰化が見つかり、マンモトーム生検をしたほうがよいと言われました。

前回の画像(3年前)と比較して、新しく石灰化が見つかったことと、少しまとまって石灰化があるように見えるからちょっと気になるんだよね…と先生は仰っていました。まだ良性とも悪性とも言えないとは言われましたが、やはり悪性を覚悟しなければならないのかと、不安でたまりません。

ハッキリさせなければ安心することも闘うことも出来ないのだから、まずは検査を受けることだとわかってはいるのですが、一歩踏み出す勇気が持てない言い訳をさせて頂くと…私は胸がとても小さく(膨らみはほぼ無いです)、マンモグラフィーの検査で乳房を挟むほんの数秒でさえ息ができないほど痛くて苦しいのに、30~40分も挟まれながらの検査に耐えられるのか自信がありません。

技師さんの話では採りづらい場所に石灰化があると言われましたし…余計に痛みへの怖さがあります。
麻酔する分幾らか痛みは和らぐ人が多いと言われましたが、何か他に痛みを軽減させる方法はないのでしょうか?(例えば胃カメラの検査でウトウトさせながら行うような話を聞いたことがありますが…)

このような状況で、まだマンモトームの予約を取る決心がついていません。

また、今通っている病院は専門のスタッフさんがチーム医療を行っていて安心感はあるのです
が、自宅から2時間近くかかるので、頻繁に通うのは少し遠いな…と感じてしまうのです(ワガママな
話ですが)。そのこともあり、どこで検査を受けるべきかも正直迷っています。

馬鹿げているかもしれないこのような質問をしてしまい申し訳ありませんが、不安に押しつぶされ
そうで…色々情報を探している中でこちらを見つけ、いてもたってもいられず質問してしまいました。

お忙しい中恐縮ですが、先生のお考えを聞かせて
頂けると有り難いです。
よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

石灰化ですね。

「前回の画像(3年前)と比較して、新しく石灰化が見つかったこと」
⇒その間に「授乳」していますか?

 もし授乳していたら、「授乳に伴う石灰化の可能性があります」

 そうでなければ「是非、ステレオガイド下マンモトーム生検(ST-MMT)を受けるべき」です。

回答

「30~40分も挟まれながらの検査に耐えられるのか自信がありません」
⇒スムーズにいけば20分程度です。
 
 
「技師さんの話では採りづらい場所に石灰化があると言われました」
⇒大丈夫です。通常、心配ありません。

 「胸壁に近く」て「引っ張り出し難い」可能性はありますが、私の経験上『マンモグラフィーで写っている石灰化で採れないものはありません』
 

「何か他に痛みを軽減させる方法はないのでしょうか?(例えば胃カメラの検査でウトウトさせながら行う」
⇒不要と思います。
 
 局所麻酔するので「疼痛は軽減」します。
 

○ST-MMTは、そんなに大それた検査ではありません。
 「局所麻酔時」に我慢すれば「それ程大変」ではありません。

 今は、いろいろネットで余計な情報が出て「かえって心配」されている方が多い様ですが、殆どの方は「思っていたよりも、随分楽だった」という感想をおっしゃいます。
 検査を実際に数多く行っている私からのコメントです。参考にしてください。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。