乳がん手術は江戸川病院・東京

[管理番号:6283]
性別:女性
年齢:38歳

田澤先生 はじめまして。

いつも拝見しております。

35歳の時より毎年11月に乳がん検診(エコーのみ)を受けており、これまでは今のところ問題なしという所見でした。

昨年(2017年)8月に右胸のリンパ近くにしこりを発見し、
検診を受けている病院で診てもらいましたが、(技師さんによるマンモグラフィー、エコー)、
経過観察で大丈夫とのことでした。

その後約1ヶ月で倍の大きさになっている感じがしたので、
再度同じ病院を受診したところ(技師さんによるエコー)
医師より前回9㎜だったが今回11㎜になっている。

悪性の可能性も否定できない。
悪性の可能性は低いと思うけどゼロではないと言われ心配でしたので、紹介状をいただきました。

紹介された病院での2017年10月の初診時のエコーで、7割の確率でがんと言われ、
同日組織診を行い、その結果乳がんと確定し、MRI、術前検査を受け、11月下旬に手術を行いました。

手術前の説明では1センチのためリンパへの転移は95パーセントないと言われ、
手術に臨みました。

しかし、手術後の説明でリンパに転移があったと告げられました。

2個中1個が3.5㎜で、2㎜の微小転移は2個までなら郭清しないので、
3.5㎜と転移なしで合わせて4㎜以下なので郭清はしなかったと説明をうけました。

以下が、結果となります。

浸潤癌(乳房部分切除+センチネル)
硬癌
腫瘍浸潤径(大きさ)0.8cm
脈管侵襲 ly1,v0  リンパ節転移1/2(3.5㎜)  断端
 -
核異形度 1
ホルモン感受性 ER +   PgR  +
Hercep Test(erbB-2) +
KI-67 50-60%

上記の結果により、TCbH(3w毎×6回)、ハーセプチン1年、放射線治療、ホルモン治療が決定しました。

手術後、ドレーンをしなかったからなのか分かりませんが、水が溜まり、
12月に5回ほど病院へ水を抜きに行きました。

2018年1月より抗がん剤治療を開始しました。

4月(上旬)日が5回目の化学療法でしたが、抗がん剤治療2回目くらいの時より
手術したのとは反対の左胸にしこりのようなものを感じたので、今回化学療法後、胸のエコーをしていただきました。
(技師さんです)
左胸はのう胞と脂肪のかたまり?があるみたいなことを言われたのですが、
右胸(術側)のエコーをされた際、リンパ節にある手術跡を何度も確認し、
鎖骨のところも確認していました。

悪いものがみえるのか心配になり、
悪性の可能性はありますか?と聞いたところ私(技師さん)からはお答えできないと言われました。

技師さんが答えられないことは分かりますので、その場ではありがとうございましたと退室したのですが、心配で仕方ありません。

結果は次回の診察日5月(上旬)日(6回目・最終の化学療法日)と言われています。

今思うと一度もリンパのエコーをしていません。
乳がん検診の病院でも乳房だけのエコーでしたし、
紹介された病院でもエコー画像を持って行ったので、それを診て医師が組織診するためにエコーをしこり部分にのみあてていました。

そこで教えていただきたいのですが、
① 5回目の抗がん剤を終えたばかりで2週間ほどは副作用でほとんど寝たきりのような状態なのですが、すぐにでもエコーの結果を聞きに行ったほうがいいでしょうか。
(病院まで1時間半ほどかかります)
② 乳がんプラザを拝見していると術後の抗がん剤中にに再発はないとあるので、昨年11月の手術での取り残しでしょうか。

③ もし悪性だった場合、抗がん剤は効いていないということでしょうか。
その他にも1回目の抗がん剤投与後に足のの付け根のリンパにしこりを発見し、4回目の投与後に右腕の肘と手首の間に小さなしこりを発見しました。

④ リンパへ3.5㎜の転移があったにもかかわらず、郭清しなかったのは問題だったのでしょうか?
⑤ もしリンパへの転移が分かった場合、どのようなことをするのがいいのでしょうか?
(手術で郭清するのか、残り1回の抗がん剤と放射線治療のみでいいのか、両方した方がいのか、また別の療法があるのか?)
⑥ 田澤先生に診てもらうことはできるのでしょうか?

まとまりのない文章で申し訳ございせん。

先生のご意見を伺えればと思います。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「すぐにでもエコーの結果を聞きに行ったほうがいいでしょうか。」
⇒どう考えても「緊急性は無い」ことは間違いありません。

 予定通りで問題ありません。

「昨年11月の手術での取り残しでしょうか。」
⇒まずは「結果を確認」してから考えるべき事です。

 あまり「仮定」で物事を考え進めるのはお勧めしません。

「③ もし悪性だった場合、抗がん剤は効いていないということでしょうか。」
⇒無関係です。

 そもそも抗癌剤は「再発予防(目に見えないレベルの癌細胞が相手)」であり、
(万が一取り残しであった場合の)リンパ節に効果が無くても仕方がありません。

「足のの付け根のリンパにしこりを発見し、4回目の投与後に右腕の肘肘と手首の間に小さなしこりを発見」
⇒これらは1000%無関係な所見です。(主治医にもそう言われましたね?)

「リンパへ3.5㎜の転移があったにもかかわらず、郭清しなかったのは問題だったのでしょうか?」
⇒それは、術前の取りきめがあった筈ですが…

「もしリンパへの転移が分かった場合、どのようなことをするのがいいのでしょうか?」
⇒勿論、手術で郭清です。

 抗癌剤は(そもそも)全身の再発予防なので「郭清手術前」に行ってしまっても構いません。(郭清手術⇒術後残りの抗癌剤でも問題なし)

 (郭清した場合)放射線をすると「浮腫のリスク」となるので、放射線は勧めません。

「⑥ 田澤先生に診てもらうことはできるのでしょうか?」
⇒その前に…

 まずは5月に主治医に結果を聞いてからですね。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。