乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5557]
性別:女性
年齢:47歳

どうぞよろしくお願い致します。

9月に全摘手術と同時再建を行い、術後病理検査結果が出たところです。

*浸潤性小葉癌
*8,5cm
*リンパ節転移32個(鎖骨下に有り)
*増殖率7%

大人しいタイプでも進行度が高く、抗がん剤8クール、その後、放射線、ホルモン療法10年を考えていると言われ、ハーセプチンが効くかの検査待ちです。
(陰性の可能性が高いがとのこと)

32個という驚異な転移数なので、抗がん剤は避けられないと思いつつ、主治医からは、効くかどうかはわからないが、やれることをと言われています。

ただ、7%という数字から、8クールに気持ちが追い付いていきません。
(初診のクリニックでは、1bで初期との診断だったのが、検査のたびに進みがわかり、術前は2b、術後は3c・・・)

やはり、放射線とホルモンのみではダメなのでしょうか?
効かないかもしれないのに・・・という気持ちが強く、踏み切れません。

この場合の、抗がん剤をした場合と、しない場合の再発転移率、予後はどのくらい違うのでしょうか?
大人しいタイプであるなら、もし遠隔転移した場合でも、ゆっくりなのでしょうか?

あと、同時再建は中止になる可能性があると聞いていたのですが、エキスパンダーは入れました。
3cの状態で大丈夫だったのかも心配しています。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

小葉癌の場合は乳管癌とは異なり、(一つ一つの腫瘍は小さいのに)顕微鏡的には「連続した病変」として「浸潤径が大きくなりがち」であったり、
 リンパ節転移も画像上解りにくく、「(術前の画像診断が過小評価されがちとなり)術前の画像診断よりも転移の個数が多くなりがち」となったりします。

乳管癌とは「同じステージとして考えるべきではない」というケースも、珍しくはありません。

「浸潤性小葉癌*8,5cm *リンパ節転移32個(鎖骨下に有り)*増殖率7%」
⇒典型的な(浸潤径が大きくなりがちで、リンパ節転移も過小評価しがちな)「大人しい小葉癌」といえます。

「主治医からは、効くかどうかはわからないが、やれることを」「やはり、放射線とホルモンのみではダメなのでしょうか?」
⇒(医師としては)「抗癌剤を勧めない訳にはいかない」と(私も)思います。

「この場合の、抗がん剤をした場合と、しない場合の再発転移率、予後はどのくらい違うのでしょうか?」
⇒これは全く不明です。

「大人しいタイプであるなら、もし遠隔転移した場合でも、ゆっくりなのでしょうか?」
⇒そのように予測されます。

「同時再建は中止になる可能性があると聞いていた」「3cの状態で大丈夫だったのかも心配」
⇒これは問題ありません。

 再建したことで問題となるのは、唯一「放射線照射のみ」です。

 インプラントに入れ替えた後に放射線照射を行えばいいのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。