乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:2892]
性別:女性
年齢:48歳

初めて相談させて頂きます。

右乳房に1cmと8㎜の2つの腫瘍が並んであり、今年の1月に乳癌の温存摘出手術を受けました。

病理の結果、多発性の浸潤性乳管癌で、T1 N0
組織学異形度1 ホルモン受容体陽性(100%)
HER2陰性 Ki-67が38%なので、ルミナールbタイプ
なので、放射線とホルモン療法の前に抗がん剤をするように言われました。

現在、FECを3週間ごとにしていて来週4回目が終わります。
その後にウィークリーパクリタキセルを16回と言われています。
副作用を考えるとFECだけで終わり
たいのですが、主治医はパクリタキセルを
追加するとしないとでは再発率が違う、最初が肝心と勧めてきます。

やはり、パクリタキセルもした方がいいのでしょうか。

FECだけのときとどれくらい再発率が違うのでしょうか。

最近になって、田澤先生のサイトを見るようになり、
私の場合はもうしてしまっていることもあり、化学療法はFECだけで十分ではないかと思い、相談させてもらいました。

お忙しい中、よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

今日は。田澤です。

「腫瘍径やリンパ節転移」についての正確な情報はありませんが、pT1c, pN0, luminalB, NG1として計算します。
 

「やはり、パクリタキセルもした方がいいのでしょうか。
FECだけのときとどれくらい再発率が違うのでしょうか。」
⇒殆ど「効果の上乗せ」はありません。

 FECだけで「上乗せは4%」
 そこにパクリタキセルを追加しても「5%」つまり「僅か1%」しか違いません。

○そもそも質問者のようなluminal Bでは「TC療法」が標準であり、
「アンスラサイクリン+タキサン(質問者のケースではFEC+パクリタキセル)」は「過剰」に思います。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

前回相談させていただきました、ステージ1、リンパ節転移なし、ルミナールBタイプの者です。

術後の抗がん剤について、丁寧に数字(%)で説明をしていただき有難うございました。

主治医にはFEC4回目にこれで終わりますと伝えましたところ、パクリタキセルするのを前提でFECの投与量を減らしてあるから、それをしないならあと2回しなければいけないと言われました。

つらい副作用から解放されると思っていたので、戸惑っています。

投与量は、エビルビシン130mg エンドキサン500mg
5ーFU500mg
以上を4回しました。
体表面席は1548㎡です。

これで、終わりたい気持ちが強いのですが、4回で終了すると効果(4%)は全くないのでしょうか?
お忙しいところすみません。
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

アンスラサイクリンの量ですね。

「パクリタキセルするのを前提でFECの投与量を減らしてあるから、それをしないならあと2回しなければいけないと言われました」
⇒確かに少なめに投与されていますね。
 
 
「これで、終わりたい気持ちが強いのですが、4回で終了すると効果(4%)は全くないのでしょうか?」
⇒この量でのエビデンスはありませんが、そもそもルミナールBなのだから(ホルモン感受性陽性)、トリプルネガティブやHER2タイプとはことなり、「抗がん剤は主役でとはなりません)

 ご本人が「きつい」と感じるのであれば辞めてもいいとは思います。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。