乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:4476]
性別:女性
年齢:44歳

はじめまして。

いろいろな情報で 勉強したり安堵しております。

私のことですが、昨年 右胸のしこりが癌と診断され、
温存手術、センチネル を受け、放射線25回終えました。

診断としては、ホルモン陽性、ハーツ陰性、リンパ転移無し、増殖力 抵、核グレード1のルミナールAでした。

現在はホルモン治療中です。

この事なのですが、私はリュープリンのみです。

注射だけで楽で良かった、と思っていたのですが、そういう方にこちらでも、他でもお会いしないのでちょっと不安です。

リュープリンだけというのは、早期だったからでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

なぜ、LH-RHagonistの単独治療としているのか不明です。
もしかすると、「子宮筋腫や子宮内膜症」など「タモキシフェンがリスクとなりうる」ものを持っていますか?

「リュープリンだけというのは、早期だったからでしょうか?」
⇒上記合併症があるのか?

 もしも、その理由が「子宮体癌のリスクがあるから」だとしたら…
 それは誤った考え方です。

 一度、担当医に「真意を確認」してみましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。