乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:3063]
性別:女性
年齢:51歳

田澤先生、お世話になっております。
先生のご助言を受け、今年の1月からのAC治療を無事に終え、毎週のパクリタキセルとハーセプチンの化学治療中です。
その後は、放射線治療、そしてまたハーセプチンに戻ります。

ところで、今の病院では、全摘出手術とリンパ郭清を受けた右側の腕では、白血球の値などを調べるための採血は行うことは可ですが、点滴による薬の投入はしないと言われています。
でも、病院によっては、点滴を左右の腕で交互に行っているところもあると聞きました。

使える血管がだんだんと少なくなってきている中、ポートを埋めることはしたくないため、できれば右側の腕も使えたら安心なのですが、
リンパ浮腫などの危険性があるため、やはり右側は使わない方がよいのでしょうか。

田澤先生のお考えを聞かせていただけたらありがたいです。
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「点滴を左右の腕で交互に行っているところもあると聞きました。使える血管がだんだんと少なくなってきている中、ポートを埋めることはしたくないため、できれば右側の腕も使えたら安心」
⇒こう言う状況は、よくあることです。

 私は「患側の使用」に躊躇しません。
 

「リンパ浮腫などの危険性があるため、やはり右側は使わない方がよいのでしょうか。」
⇒郭清の「程度や精度」にもよるので担当医に確認するべきではありますが…
 
 
「田澤先生のお考えを聞かせていただけたらありがたいです」
⇒私は(患側の使用には)全く躊躇していません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。