乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


[管理番号:3972]
性別:女性
年齢:36歳

お忙しい先生に質問させて頂くことお許し下さい。

右浸潤性乳頭腺管癌 トリプルネガティブki-67 80%、リンパ節転移疑い
(エコーで脇~鎖骨まで数ヶ所あり)
術前抗がん剤のAC4回、パクリタキセル2回で、現在間質性肺炎の治療中です。

しこりは9月1.5cm、先日エコーでそれよりも小さく、リンパ節の影もほとんど見えなくなっていました。

主治医には、抗がん剤はもう使えないので中止し、手術を早める。
残った抗がん剤については、
術後するかしないか検討する、と言われました。

①肺炎になると手術を早めるしか方法はないのですか?
他の抗がん剤で術前をやりきることはできないのでしょうか。

②抗がん剤を途中でやめることが不安です。
術後やらない選択をしたら、
再発転移率を上げますか?
やるとしたら、どんな抗がん剤がありますか?

③温存希望ですが、上記の状態で温存を選択しても大丈夫でしょうか?
予後が不安です。

長くなってしまい、申し訳ありません。

宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「現在間質性肺炎の治療中です。」
⇒これは大変でしたね。

 こうなると「化学療法は当然、中止」です。
 間質性肺炎は重症化すると「命にかかわる」のです。

「主治医には、抗がん剤はもう使えないので中止し、手術を早める」
⇒当然です。

「残った抗がん剤については術後するかしないか検討する、と言われました。」
⇒安全性を考えて…

 私なら「中止」です。

「①肺炎になると手術を早めるしか方法はないのですか?」
⇒その通りです。

 命を危機に曝す事は決して行ってはなりません。

「他の抗がん剤で術前をやりきることはできないのでしょうか。」
⇒術前術後に使える抗癌剤の種類は決まっています。(アンスラサイクリンとタキサンだけです)

 パクリタキセルが駄目ならドセタキセルしかありませんが…(アブラキサンは適応外です)
 リスクは冒してはいけません。

「術後やらない選択をしたら、再発転移率を上げますか?」
⇒数字での違いは「それ程ない」です。

「やるとしたら、どんな抗がん剤がありますか?」
⇒ドセタキセルしかありませんが…

 
「③温存希望ですが、上記の状態で温存を選択しても大丈夫でしょうか?」
⇒十分小さいので適応があります。(それであれば、術前化学療法をした甲斐があったというものです)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。