[管理番号:6122]
性別:女性
年齢:50歳

昨年5月に乳がんが見つかり6月に手術をしました。
左胸を全摘出、リンパ節にも移転しており(3個)摘出しました。

結果
①乳頭線管癌 ②硬癌 腫瘍の大きさ ② 1.5センチ
リンパ節転移の個数 3個42個中 腫瘍の悪性度 1
エストロゲン受容体 50%以上 プロエストロゲン受容体 50%以上
HER2 陰性 脈管への侵襲 あり
でした。
先生からは、赤の抗がん剤Fecを 6回+ドセタキセル6回+ホル
モン治療を言われてドセタキセル5回まで終わりました。

次の診察でドセタキセル6回目の抗がん剤を予定しておりますが、正直4回+4回の抗がん剤のパターンをネットで見たりして、充分抗がん剤治療をしているのではないかと思い、6回目の抗がん剤治療をやめようかと思っています。
田澤先生の見解はいかがでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「田澤先生の見解はいかがでしょうか?」
⇒そもそも・

 Ki67の記載がありませんが…
 リンパ節転移=抗癌剤という発想だとしたら…(そもそも抗癌剤自体が必要なのか?と疑問を持ちます)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。