乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:3099]
性別:女性
年齢:46歳

2年半前に左側温存後、放射線し現在はホルモン治療中です。
リンパ節転移なし、断片陰性でした。

質問は、2週間ほど右側のあばら骨が痛いのです。

痛みを感じるのは大きな呼吸ををしたときです。

骨転移したときの痛みとはどのようなものでしょうか。
やはり激痛なのでしょうか。
骨転移でも鈍痛もあるのでしょうか。

実は1ヶ月ほど咳が止まらず、咳によるものかもしれませんが、やはり癌を患うと骨転移というのも頭をよぎります。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「実は1ヶ月ほど咳が止まらず、咳によるものかもしれません」
⇒その可能性が一番高そうですね。

 「咳のし過ぎ」こそが「深呼吸時の肋骨痛」の原因の内の最多です。
 

「骨転移したときの痛みとはどのようなものでしょうか。やはり激痛なのでしょうか。骨転移でも鈍痛もあるのでしょうか。」
⇒典型的なものは「安静時痛」です。
 

○咳によるものだと思いますが…
 単純レントゲンを撮影すれば、はっきりします。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。