乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:3006]
性別:女性
年齢:42歳

本日はよろしくお願いいたします。

右乳房全摘手術後半年経ちました。

大人しいタイプだと言われホルモン治療中です。

2週間くらい前から、手術したのとは反対の左側の肩、首筋、鎖骨、肩甲骨のあたりがずっしりと重く、肩こりのような痛みがあります。

術前のCTやレントゲンでは異常はなく、3ケ月前の血液検査でも異常はありませんでした。

違うとはおもいますが、骨転移の可能性はありますか?
全摘したことによってバランスをくずしての痛みなのでしょうか?
ホルモン治療中ですが、女性ホルモンの刺激症状ということもありますか?

半年前の検査や3ケ月前の血液検査で異常がないのに、転移していて痛みを伴うことはありますか?再度検査をしたほうが良いでしょうか。

骨転移とは、まず痛みで気が付くのでしょうか。

それともまず検査で異常があり、その後痛みがやってくるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「2週間くらい前から、手術したのとは反対の左側の肩、首筋、鎖骨、肩甲骨のあたりがずっしりと重く、肩こりのような痛み」
⇒まさに「肩コリ」です。
 

「違うとはおもいますが、骨転移の可能性はありますか?」
⇒ありません。
 症状が違います。
 

「全摘したことによってバランスをくずしての痛みなのでしょうか?」
⇒それが最も可能性が高いです。
 

「ホルモン治療中ですが、女性ホルモンの刺激症状ということもありますか?」
⇒症状が「左肩周辺に限局」していることをみると、むしろ「体のバランスによる肩コリ」の方が適切な解釈です。
 

「骨転移とは、まず痛みで気が付くのでしょうか。それともまず検査で異常があり、その後痛みがやってくるのでしょうか。」
⇒どちらもあり得ます。

 (定期的な骨シンチなど、不適切な診療はこの際おいておいて)
 腫瘍マーカーの上昇で「全身検索」をすることで「たまたま見つかる」ケースがあります。

 症状では「骨盤の痛み(足の付け根など)」で、レントゲンを撮影して見つかるケースがあります。

 ○痛みの種類での鑑別ですが…
 勿論例外もありますが、「肩コリなど関節痛などは姿勢を維持する際や、腕を動かす際などに増強する」など「痛みの波」がある事がおおいですが、
 骨転移による痛みは「常に痛い」という傾向があります。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。