乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

[管理番号:1371]
性別:女性
年齢:56歳

田澤篤先生へ

 こんにちは。初めまして。私の母が乳がんを宣告されました。
家族で悩みましたが、全摘出の手術を受けました。現在化学療法を始めたところです。

母の乳がんについてですが、
大きさ2.1cm ステージ2A  充実腺管ガン リンパ節転移なし
核グレード3 Ki-67 28% 脈管湿潤 ly(+)v(-)
ホルモン陽性 Her2陰性 閉経 年齢56歳

現在抗がん剤治療中です(3ヵ月 3週間×4)
それが終わったらホルモン療法に入る予定です。

手術する前はガンの大きさはもっと大きいと言われており、リンパ節転移もあるかも
しれないと言われていたのですが手術したら2.1cmでリンパ節転移もなく一安心をし
ていました。

しかし核グレードが3であることとKp67が高値であることがとても気になります。

ステージは低くても核グレードが高く、Kp67が高値であれば再発や転移する確率はス
テージが2Bや3の場合と変わらないのですか?

毎日母が再発や転移したらどうしよう…と不安でなりません。
その不安を母に見せるわけにもいかず…先生からの回答でモヤモヤした気持ちが少し
でも晴れたらと思い質問させていただきました。
大変お忙しい先生にこのような質問をしてよいものかと考えましたがご回答いただけ
ますと幸いです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

pT2(21mm), pN0 十分な早期乳癌です。
しかも「ルミナールタイプ」です。

Ki67=28%は「ルミナールAかBか微妙なライン」ですが、「核グレード3」から「術
後化学療法を選択」したのだと思います。 きっとTC療法でしょう。

回答

「核グレードが3であることとKp67が高値であることがとても気になります」
⇒気にする必要は全くありません。

 「治療法として化学療法を選択する」理由とはなりますが、「予後と関連付ける必
要」はありません。
 予後は「あくまでもステージ」で考えてください。

 十分な早期乳癌であり、「更にホルモン療法が効果的」な訳ですから(閉経後のア
ロマターゼインヒビターの効果は絶大です)何も心配ありません。
 

「ステージは低くても核グレードが高く、Kp67が高値であれば再発や転移する確率は
ステージが2Bや3の場合と変わらないのですか?」
⇒そんな事はありません。

 あくまでも「ステージ」なのです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。