乳がん手術は江戸川病院・東京

[管理番号:6399]
性別:女性
年齢:47歳

田澤先生、はじめまして!
私も乳がんと診断されて以来、こちらで勉強させて頂いております。

お忙しい中恐縮ですが、術後の不安があり初めて質問させて頂きます。

実は3日前に、一度送らせて頂きましたが、公開がなく、もしかしたらエラーかもしれないと思い、再度送らせて頂きます。

どうか宜しくお願い致します。

47歳 閉経前です。

2018年3月中旬
毎年受けている人間ドッグ、マンモグラフィーにて、左乳房石灰化カテゴリー3と指摘され、精密検査。

4月上旬
乳がんと診断。

5月上旬
左乳房全摘手術を受けました。

以下、病理の結果です。

診断
Invasive ductal carcinoma
Lymph nodes(dissection)No metastasis

所見
左乳線全摘出検体
大きさ 浸潤径 55×45×13mm 他に5mm大までの小浸潤巣が複数。

腫瘍径 85×55×13mm

組織型
Scirrhous carcinoma 〉Solidtubular carcinoma

波及度 f
ly(-)、v(-)、PVI(-)、EIC(-)、
Comedo type necrosis slight

Nuclear grade 1
Histological grade 2

Surgical margin (-)

頭側 50mm、尾側 25mm、正中寄り45mm、腋窩(外側)55mm、皮膚
側(20mm)、筋膜側(3mm)

コメント
乳管内にて充実性に増殖する成分も一部に混在しているが、大半は孤在性異型細胞の索状増生からなる。

直接浸潤巣とともに、やや離れた部位にも径5mm程度までの小浸潤巣が多発している。

(主治医は、肝心の乳管には癌が少なく、あちこちに飛び散り、それが全て浸潤しているのは、珍しいと…)
ki-67 約10%
ER〉90%
PgR 80ー90%
HER2 score 1+

術中迅速診断結果
P124358を転記

Lymph nodes / No metastasis(n=0/8)
術中迅速→永久標本病理診断、左腋窩リンパ節
① センチネルリンパ節疑い/ 結合組織のみでリンパ節は含まれていない。
(n=0/0)
② nonセンチネルリンパ節(1)腫瘍の転移は認められない。
(n=0/6)
③ nonセンチネルリンパ節(2)腫瘍の転移は認められない。
(n=0/2)

以上です。

質問①
昨年の人間ドッグのマンモグラフィーでは石灰化すら無かったのに、僅か一年で、こんなふうになってしまいました。

婦人科にてホルモン治療(ヤーズ7年)をしていたせいでしょうか。

(石灰化で見つかる癌は、早期だとこちらで知ったので、このような結果となり、大変残念な思いです…)

質問②
あまりの浸潤径と腫瘍径の大きさに恐怖を感じ、既に遠隔転移をしているのではないかと感じています。

私はこの先も、転移再発しやすいのではないでしょうか。

田澤先生も、転移再発する人の浸潤径は大きいし、進むのも速いと、おっしゃっていますよね…今とても苦しいです。

質問③
主治医から、ルミナールAではあるけれど、腫瘍の大きさからと、年齢が若い事もあり、リュープリンとタモキシフェン、そしてTC療法を進められています。

あとオンコタイプもしてはどうかと。

しかし私には、どうも納得がいきません。

というのも、田澤先生のコラムなどでは、オンコタイプでは腫瘍径や浸潤径は相関しない、若いからと言って抗がん剤はするべきではない。

あくまでも癌のタイプに合わせた治療をすべき。
というのを見たからです。

しかしながら、様々な質問者様の質問を見ていると、術後病理でki-67
が12%でも、ハイリスクと出た方もいらっしゃいますし…
そうなるとやはり私も、オンコタイプDXをした方が良いのでしょうか。

質問④
これもどなたかの質問で拝見しましたが、浸潤径が5センチを超えた場合には、全摘でも放射線治療が必要だと…
しかし主治医は「悪い物は全部取れてるから、しなくていいよ!」と。

本当にそうなのでしょうか。

質問⑤
小葉癌でもないのに、このような浸潤径や腫瘍径は、やはり予後が悪いのでしょうか。

ルミナールAで、大人しいはずの癌が、このような状況で大変なショックを受けております。

しかし、物事はシンプルに…の先生のお言葉のもと、これからできる事を、前向きに頑張ろうと思います。

質問は以上です。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

物事はシンプルに考えましょう。
根拠のない脅しに不安になることなく、シンプルに考えればいいのです。

「婦人科にてホルモン治療(ヤーズ7年)をしていたせいでしょうか。」
⇒おそらく、殆ど影響はなかったでしょう。
 今更、誰にも解らない事です。

「私はこの先も、転移再発しやすいのではないでしょうか。」
「転移再発する人の浸潤径は大きいし、進むのも速いと、おっしゃっていますよね」

⇒皆さん、勘違いしますが…

 私がいう「大きなしこり」と(手術してみたら)「顕微鏡的に、浸潤径が大きかった」は全く違います。

「腫瘍の大きさからと、年齢が若い」
⇒腫瘍の大きさも年齢も無関係です。

「そうなるとやはり私も、オンコタイプDXをした方が良いのでしょうか。」
⇒それが確実です。

「浸潤径が5センチを超えた場合には、全摘でも放射線治療が必要だと…しかし主治医は「悪い物は全部取れてるから、しなくていいよ!」と。「本当にそうなのでしょうか。」
⇒担当医の言う通りです。

 たしかに「5cm以上では放射線した方がよい」というデータが出ていますが…
 それは、「5cm以上の大きなしこり」という括りでいいと思います。
 ♯質問者のような「顕微鏡レベルで5cm以上だった」という場合には不要と思います。

「小葉癌でもないのに、このような浸潤径や腫瘍径は、やはり予後が悪いのでしょうか。」
⇒全く根拠がありません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。