[管理番号:6486]
性別:女性
年齢:44歳

いつも拝見しております。

今回 病理結果に不安になり初めて質問させていただきます。

今年2月初めに 早期乳がんと診断され、浸潤型 ステージ1で腫瘍は1cm弱のホルモンの薬が効く大人しいガンですと言われました。

4月末に 温存手術を受け リンパにも転移なしで その後 放射線とホルモン療法をするつもりでいました。

しかし、先日の病理の結果で不安になりました。

グレード1
腫瘍 11ミリ
ER 40%
PRG 0% ←これが低すぎると言われました。

HER2 2+
ki67 10%
(主治医のパソコンを見て記憶しました)
ルミナールAだと思っていたのに ホルモンの値?が低いので ホルモン療法が効かない可能性があるとの事で念のため抗がん剤をした方がいいかもと言われ 頭が真っ白になりました。

HER2 は今 検査に出してて おそらくマイナスだと思うけど もしプラスなら 絶対抗がん剤、マイナスなら副作用の少ない軽めの抗がん剤(点滴)だそうです。
HER2 の結果は今月末にでます。

主治医も全体的にみて 再発リスクが少ない大人しいガンに対して抗がん剤をやるかは悩ましいところで 絶対ではないそうです。

そこで質問です。
もしHER2 がマイナスだとしたら、
○私のサブタイプは何になるのでしょうか?
○抗がん剤は追加すべきでしょうか?
○軽めの抗がん剤とはどのようなものですか?また脱毛はどうでしょうか?
○放射線+ホルモン療法 だけと 抗がん剤を追加した場合の再発率の差はどれくらいでしょうか?

長々とすいません。
ホルモン療法が効かないかもと言われ 再発予防の特効薬がないのかと 不安になっています。

よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「ホルモン療法が効かない可能性があるとの事で念のため抗がん剤をした方がいい」
⇒賛成できません。

 ホルモン療法が効かないことと、抗癌剤が効くことは全くの別次元の話です。(実際にホルモン療法が効かないという根拠がそもそもありませんが)
 『今週のコラム 131回目 「進行しているから」と言う理由で「効かない筈の治療に我慢する」それでいいのですか? (付記)「ホルモン療法と抗癌剤」は全く別の作用であり、「強い、弱い」ではないのです。』をご参照のこと。

「○私のサブタイプは何になるのでしょうか?」
⇒ルミナールAです。

「○抗がん剤は追加すべきでしょうか?」
⇒不要
 「抗癌剤が効くかもしれない」と言う根拠が全くありません。(抗癌剤は「念のため」で勧めるべきことではありません)

「○軽めの抗がん剤とはどのようなものですか?また脱毛はどうでしょうか?」
⇒??
 主治医に聞いてみましょう。

「○放射線+ホルモン療法 だけと 抗がん剤を追加した場合の再発率の差はどれくらいでしょうか?」
⇒ルミナールAだとすれば(そう思いますが)

 2%以下と推測します。(そもそもの再発率が低いと想像されるため)

 
 

 

質問者様から 【質問2 術後の抗がん剤について】

性別:女性
年齢:44歳

以前 術後の抗がん剤について質問させていただきました。

その後、FISH検査 陰性と出て 詳しい病理の結果をもらえました。

1.1×1.0×0.6cm大の灰白色充実性の腫瘤
浸潤性乳管癌、硬癌
浸潤巣周囲にわずかに乳管内進展を伴います
静脈侵襲、リンパ管侵襲は明らかではありません
リンパ節転移(-)Sentinel:0/3
Nuclear grade 1
Histological grade 1
ER(+)40% PgR(-)0% ki67 10% FISH陰性

主治医は PgRがマイナスだからルミナールBになると言って、少しでも再発のリスクを少しでも減らしたいなら 抗がん剤も検討すべきとの事でした。

乳がんと診断されたのは 別の病院で そこで組織診をした時は
ER(+)50%以上 PgR(+)10~50% と出ていたようです。

組織診で PgRが+でも 術後の病理で -となったら やはり-の方が正しいのでしょうか?
病理で0%になる事があるのかと少し不思議です。

私のような場合 ホルモン感受性が高い方と比べて ホルモンのお薬の効く可能性が低く 再発率は高くなるのでしょうか?
田澤先生でしたら 私に抗がん剤を提案することはないでしょうか?
私が 放射線+ホルモン療法のみでの 再発率はどれくらいですか?
とても不安です。

お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

○質問内容が前回と変わらないようです。
 「主治医が○○と言ったから…」みたいなことは、(私には)無関係なのでそれで回答が変わることはありません。

「私のような場合 ホルモン感受性が高い方と比べて ホルモンのお薬の効く可能性が低く 再発率は高くなるのでしょうか?」
→無関係。(前回、回答したとおり)

「田澤先生でしたら 私に抗がん剤を提案することはないでしょうか?」
→勿論。(前回、回答したとおり)

「私が 放射線+ホルモン療法のみでの 再発率はどれくらいですか?」
→不明。
 ルミナールタイプの場合には「Aなのか、Bなのか」で全く変わるので、(それが知りたいなら)「OncotypeDX」してみましょう。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。