乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:112]
性別:女性
年齢:31歳

現在、第二子(3ヶ月)に授乳中の31才です。

20代の頃から毎年乳腺クリニックで乳がん検診(マンモ、エコー)を受けています。

前回は第二子妊娠の半年前に受けて、マンモグラフィーで石灰化を指摘されましたが、悪い物ではないので1年に1回マンモグラフィーで経過をみれば良いと言われました。

次の検診が来月あるのですが、マンモグラフィーを受けてよいか不安があります。

医師は、授乳中でもマンモグラフィー撮れるのでやりましょうと言っていますが、授乳中の乳腺が被曝してしまうことに抵抗があります。

非授乳期の乳腺より、授乳期の乳腺の方が被曝の影響を受けやすいなど、逆に乳がんになる可能性を上げてしまったりしないでしょうか?

授乳中のマンモグラフィーと被曝について教えてください。

なお、現在しこりなどの症状は何もなく、授乳は今年いっばいで断乳する予定で、断乳後半年にはしっかりマンモグラフィー、エコーを受けるつもりでおります。

 

田澤先生からの回答

 こんにちは。田澤です。
 「授乳中のマンモグラフィー」とても気になると思います。
 それでは回答します。

回答

「非授乳期の乳腺より、授乳期の乳腺の方が被曝の影響を受けやすいなど、逆に乳がんになる可能性を上げてしまったりしないでしょうか?」
⇒授乳期のマンモグラフィーが乳癌になる可能性を上げることはありません。
 マンモグラフィーはもともと低線量(1回あたり0.1mSv)なので、1年に1回程度の撮影(それが授乳期であろうと)でリスクの上昇はありません。

 (一般論として細胞分裂の盛んな細胞は放射線感受性が高いので)理論上は「授乳期乳腺が非授乳期乳腺よりも放射線感受性が高い」可能性はありますが、(マンモグラフィーのような低線量では)いずれ影響は微々たるものです。

 治療照射のような高線量では「違いがでるのかもしれませんが」正確なデータはありません。
 

◎ただ、授乳期乳腺は「マンモグラフィーで解りずらい=診断能力が低い」ので基本的には勧められません。
 超音波検査で十分でしょう。
 半年前の「石灰化所見」も「悪い物ではない=良性と思われる」であれば、そのためだけにマンモグラフィーを撮影する必要はありません。
 

「授乳中のマンモグラフィーと被曝について教えてください」
⇒マンモグラフィーレベルの低線量では被爆の影響は十分無視できるレベルです。

 

関連する質問

 
Q.マンモグラフィーの被曝について

性別:女性
年齢:24歳

24歳女性です。

小さい頃からアトピーがあり、乳首に荒れ、皮むけなどがあり、皮膚科に通ってはいたのですが、22歳のときとても心配になり外科でエコーとマンモスグラフィーを受けました。その時は心配ないとの事で安心したのですが、つい先日またとても不安になり乳腺外科を受診し、エコーとマンモグラフィーを受けました。そこでも特に問題はありませんでした。

ですが22歳、24歳という若さでマンモグラフィーを2回も撮ってしまったことにより被曝がとても怖くなってしまいました。
このことにより、私は将来乳がんになる可能性があがってしまったのでしょうか?
乳腺外科でも被曝が心配だと伝えましたが、大丈夫だと言われました。
回答よろしくお願いいたします。

上記質問の回答はこちらをクリックしてください。

 
 
Q.貧乳でもマンモグラフィーを受けられるか?痛いのか? 乳癌検診は何歳から受けたらいいのか?

性別:女性
年齢:23歳

私はいわゆる貧乳なのですが、マンモグラフィーは普通に受けられますか?

また、マンモグラフィーは痛いと聞くのですが、どれくらいの時間がかかり、どの程度の痛さですか?

それから、今は健康なのですが、何歳ぐらいから乳癌検診を受けたらいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

上記質問の回答はこちらをクリックしてください。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。