乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5609]
性別:女性
年齢:44歳

田澤先生はじめまして

乳癌手術後のホルモン治療について不安があるので質問させて下さい

左胸の乳輪の少し上にしこりを見つけ、検査の結果乳癌の診断を受けました
骨シンチやCTを経てしこりの近くにも癌がある可能性があると言われたので今年の7月に左胸の全摘手術を受けました。

病理検査の結果

硬癌
しこりの大きさ10mm
浸潤有(10mm×7mm)
センチネルリンパ生険の結果:転移なし
ER (+)
PgR (+)
Her2 (DISH)(-)
Ki67:6.1%
組織グレード1
しこりの他に乳腺にも癌があったが浸潤してなかったのでステージはⅠ

という説明を受け今後の治療はゾラデックスのみを2年~3年、延長を希望するなら5年と言われました。

タモキシフェンの併用はしないのかと聞いたところ
・35歳以下ではないこと
・子宮内膜癌の発症リスク
・12年前に子宮の上皮内異形成で円錐切除術を受けていること
・現在、握りこぶしぐらいの子宮筋腫があること(婦人科の医師には閉経までそのままにしておいていい場所に出来てると言われているので今まで経過観察だけしてました)
を考慮して服用しない方がいいとの事でした。
以前、田澤先生はLH-RHagonistの単独治療は無いと書かれていましたがどう思われますか?
正直、ゾラデックスだけでは不安を感じます。
私の様な状態ではタモキシフェンは飲まない方がいいのでしょうか?

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

閉経前のホルモン療法は、あくまでも「タモキシフェン」です。(LH-RHagonist単独という選択肢は無いと考えてください。)

「今後の治療はゾラデックスのみを2年~3年、延長を希望するなら5年」
⇒LH-RHagonist単独の治療を勧めるエビデンスはありません。

 ♯LH-RHagonistは「タモキシフェンと併用が大原則」なのです。

「・35歳以下ではないこと」
⇒これは(タモキシフェンに)「LH-RHagonistを併用しない理由」です。

「・子宮内膜癌の発症リスク」
⇒タモキシフェンは、その「30倍」の(再発予防)「効果」があるのです。

「・12年前に子宮の上皮内異形成で円錐切除術を受けていること」
⇒これは「子宮頸がん」のことですよね??
 子宮体癌のリスクとは無関係です。

「以前、田澤先生はLH-RHagonistの単独治療は無いと書かれていましたがどう思われますか?」
⇒そのままです。


「私の様な状態ではタモキシフェンは飲まない方がいいのでしょうか?」

⇒全くそんなことはありません。

 普通に治療をすることをお勧めします。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

乳管内腫瘤
性別:女性
年齢:33歳

先生、早急な返答いただき、本当にありがとうございます。

わたしの文章に誤りがあり、
本来であれば1週間あけないとご相談してはいけない事を承知でしたが、送信させていただきました。

改めて、エコーの結果です

所見

【腫瘤形成性病変】
右EA カテゴリー2~3
混濁のない拡張乳管内に低~等 エコー腫瘤見られます。

12×6×5mm
内部はほぼ均一 後方エコーやや増強
血流表示豊富 直線的なものあれば蛇行する表示あり

【腫瘤非形成病変】なし→ 誤りです

【リンパ節の描出】 なし

【コメント】
乳管内腫瘤良悪鑑別のため精査もご検討ください。

という内容でした。

「腫瘤非形成性病変」の診断ではありません。

わたしの伝え方が曖昧でした。

申し訳ありません。

パチンパチンのバネ式はあまり意味がないようだとわたしも調べて相談しました。

乳管造影はおそらく、用意されてないように思います。
説明はありませんでした。

マンモトーム針検はあるようなので、これは次回、結果を聞いた時にしてほしいと言います。

先生のコラムや他の方のご相談の回答を拝見する限り、乳管造影はとて
も大切だとわかりました。

正直、診ていただきたいです。

関西在住ですが、乳管造影と検索しても、されている病院はあまりないのでしょうか、乳管造影を先生が強くすすめられているのに、なぜできる病院が少ないのかわかりません。

また乳管造影とネット検索すると、乳管内視鏡とも出てきます。
違いがわかりません。

分泌液が出ているならば、乳管腺葉区域切除も必要な可能性も先生のご相談の回答を拝見する限り大切だとも思いました。

もし、乳管造影と乳管腺葉区域切除をお願いするとなれば、お世話になることはできるのでしょうか?
↑この場合、週末、仮にマンモトーム針検をいまの病院でして、後日 乳管造影は構わないのでしょうか?

また、お世話になる場合の日数などお伺いできるのでしょうか?

ちなみに昨日の夜に綿棒で分泌液をとると、透明から黄色になっていました。
これは特に腫瘤があるので関係はないと考えるのでしょうか。

そして仮に悪性だった場合、非浸潤性乳管癌で、
年齢が若い場合、大きさからして手遅れなのでしょうか。

冷静になれず申し訳ありません。

色んな方からのご相談で、検索はしているつもりですが、類似の質問ばかりで気を悪くされましたら、大変申し訳ありません。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

内容は了解しました。
前回のメール内容は「小さな乳管内病変が乳管内に複数存在し、全体として腫瘤非形成性病変を形成」していると勘違いしていました。
どうやら、「1つの乳管内に12mmの大きさの乳管内腫瘍」があるということのようですね。

つまり「その12mmの乳管内腫瘍」をターゲットとしてバネ式針生検をしていると理解しました。

★一番重要なことは「乳管内病変は(同一乳管内に)多発する」ということです。
分泌のない「乳管内病変」であれば、「その乳管を同定することは不可能」なため、
その(画像で認識できる)「病変だけをターゲットとするしかない=数年後に近傍から別の病変が出現することがあることが知られている」のですが、
今回のように「せっかく、分泌という重要な手掛かり」をみすみす逃す必要はないのです。

★★今回のケースで、一番理想的な流れは(せっかく分泌があるのだから)「その乳管ごとターゲットとする」ことです。
 具体的には「乳管造影」⇒(病変が乳管内に存在する事の証明)⇒「乳管腺葉区域切除(その乳管を中枢~末梢まで完全に切除)」です。
  乳管内に(エコーで見えた)「大きな病変は良性だったが、(エコーで見えなかった)小さな病変が実は癌だった」ということもしばしばあるのです。

「もし、乳管造影と乳管腺葉区域切除をお願いするとなれば、お世話になることはできるのでしょうか?」
⇒勿論可能です。
 「乳管造影ー乳管腺葉区域切除」はまともに行っている施設は全国的にも殆どない(乳管造影もしないのに、いきなり乳管腺葉区域切除ができる筈がないのです)ことで、(「癌」や「葉状腫瘍」、「肉芽腫性乳腺炎」以上に)全国各地から集まる傾向があります。

「この場合、週末、仮にマンモトーム針検をいまの病院でして、後日 乳管造影は構わないのでしょうか?」
⇒マンモトームをきちんと行うと、「乳管が破壊」されて「分泌が止まる=乳管造影ができない」可能性は十分にあります。(下手なマンモトームなら、乳管は破壊されずに残るため、分泌は継続しますが…)

「また、お世話になる場合の日数などお伺いできるのでしょうか?」
⇒手術までに外来は2回必要です。

 1.市川外来 乳管造影
 2.江戸川外来 全身麻酔検査、説明同意書、入院案内

 手術(乳管腺葉区域切除)自体は2泊3日(前日入院、翌日退院)となります。

・「メディカルプラザ市川駅
・「江戸川病院

「ちなみに昨日の夜に綿棒で分泌液をとると、透明から黄色になっていました。これは特に腫瘤があるので関係はないと考えるのでしょうか。」
⇒関係ありません。
 通常、黄~茶~黒(赤)となります。

「そして仮に悪性だった場合、非浸潤性乳管癌で、年齢が若い場合、大きさからして手遅れなのでしょうか。」
⇒「手遅れ」など、とんでもない話です。

 基本的に、乳管内病変は早期であり根治が原則です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。