乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:3065]
性別:女性
年齢:34歳

今月上旬に手術をし、病理検査の結果が出ました。

検査結果は、非浸潤性乳管癌でした。

①センチネルリンパ節への転移はなし。

②核異型度1。

③乳管内に少し拡がりがあったが、一応とりきれている。

ER:90%
PgR:90%
HER2:-
Ki67:3%

という検査結果でした。

今後の治療として、
①放射線+ホルモン治療
②予防的乳房切除
③治療なし
で悩んでおります。

現在、未婚で将来結婚、妊娠も考えているため、ホルモン治療は避けたいです。
放射線治療をすると、今後乳房再建もできなくなると聞きました。
そのため、放射線治療もするかどうか悩んでいます。
どのような治療が良いか先生のご意見をお伺いしたいです。
よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

非浸潤癌ですね。
「HER2やKi67」を測定しているようですが、「無意味」というより「適応外」です。
 担当医には「無駄な検査はしない姿勢」を持ってほしいものです。

「今後の治療として、①放射線+ホルモン治療②予防的乳房切除③治療なしで悩んでおります。」
⇒放射線照射のみが正しい治療です。
 

「現在、未婚で将来結婚、妊娠も考えているため、ホルモン治療は避けたいです。」
⇒非浸潤癌だから当然「不要」です。
 

「そのため、放射線治療もするかどうか悩んでいます。」
⇒そもそも「温存手術は(術後の)放射線治療を前提」とした治療です。

 放射線照射すべきです。
 

「どのような治療が良いか先生のご意見をお伺いしたいです。」
⇒放射線治療のみです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。