乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:3175]
性別:女性
年齢:45歳

5前程前に、右胸の乳頭よりやや体の中心寄りに1.4センチの石灰化が見つかり、ステージ0の非浸潤がんと診断されました。

悩み抜いた結果、
皮下全摘、自家組織(腹部)による同時再建手術をすることになりました。
MRIを撮ったところ、乳頭付近にも怪しい影があるということでした。
乳輪と乳頭はできれば残したい、と希望したところ、手術中に乳頭の内側から少しずつスライスして病理検査に出し、ガン細胞が見つからなければ残します、と言われました。
結果、乳頭からはガン細胞は見つ
からず、MRIで写ったものは違ったようだと言われ、乳頭と乳房の皮膚を残したまま右乳房全摘、同時再建手術を終えました。
放射線治療はしていません。
リンパ節への転移もありませんでした。

5年が経ち、以前の病変部分から数センチ離れた場所の皮膚が赤くなっていることに気付きました。
少し様子を見ていましたが、少しずつ範囲が広がってきて、そう言えば5年前も乳輪の周りの皮膚に同じ様に赤いシミのような物が広がっていったのを思い出し、心配になって色々と調べたところ、皮膚転移ではないか…と心配になりました。
今のところ、
痛みや腫れはありませんが。
ネットの情報ではありますが、非浸潤がんの全摘でも、乳頭などを残しているのでその可能性があるとのこと。
急遽、数日後に診察予約を入れてもらいましたが、それまで不安で仕方ありません。
心配し過ぎなのかもしれませんが、検診の時や少しでも異変を感じた時などに、再発したのではないかと怖くて仕方ありません。

どうか、ご教示賜わりたく、よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「5年が経ち、以前の病変部分から数センチ離れた場所の皮膚が赤くなっていることに気付きました」
⇒実際に診てみないと解りません。

 ただ皮膚転移は、通常は「赤みだけ」ではなく「結節状(小丘針など)」となります。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。