乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5414]
性別:女性
年齢:24歳

はじめまして。
7月(下旬)日に右乳房部分摘出を行い、これから抗ガン剤予定の者です。

B型肝炎キャリアの疑いがあり、現在DNA検査中です。

腫瘍の病理結果は下記です。

Tumor size:21×13×10mm
DCIS:7×4mm
Nuclear grade:3
Histological grade:HGⅢ
Vessel invasion : ly0, v0
Lymph node:Total 0/1
ER:negative, PgR:negative, Her2:score0,
MIB-1 index 90%

《質問1》
医師からは、FEC+ドセタキセルを用いると言われております。

B型肝炎キャリアの場合でも、ステロイドの使用を抑えれば通常通り抗ガン剤を使えると言われてます。

ただ、こちらの掲示板やネットで調べてみると、
抗ウイルス薬を予防投与しながら、こまめなモニタリングをするのが通常の対応に感じます。

先生はB型肝炎キャリア患者には、どのような治療方針を用いていますか?
B型肝炎再発は、抗ガン剤で免疫力が下がる事が原因だと思っていましたが、ステロイドを抑えれば問題ないのでしょうか?

《質問2》
LH―RHアナログの使用について
抗ガン剤前に、LH―RHアナログを使用して卵巣を眠らせると言われてます。

受精卵凍結による採卵を予定しており、そこから5日後くらいにLH―RHアナログを打つと言われています。

卵巣が腫れている状態で使用しても問題ないのでしょうか?

以上、お手数をおかけしますが、
ご回答よろしくお願い致します。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「B型肝炎キャリアの場合でも、ステロイドの使用を抑えれば通常通り抗ガン剤を使えると言われてます。」
⇒ガイドラインに従う必要があるでしょう。

 基本的には内科(肝臓内科)にコンサルトをして「(HBV)DNA定量や核酸アナログ投与」の必要性を見極める必要があります。

「抗ウイルス薬を予防投与しながら、こまめなモニタリングをするのが通常の対応に感じます。」
⇒HBc抗体及びHBs抗体が陰性の場合には不要ではあります。

 その他の場合には(拡散アナログの必要性は別として)DNA定量は定期的に必要です。

「先生はB型肝炎キャリア患者には、どのような治療方針を用いていますか?」
⇒内科にコンサルトしています。

「B型肝炎再発は、抗ガン剤で免疫力が下がる事が原因だと思っていましたが、ステロイドを抑えれば問題ないのでしょうか?」
⇒上記のように、状況により対応が異なります。

「卵巣が腫れている状態で使用しても問題ないのでしょうか?」
⇒LH-RHagonistは卵巣を抑制するので問題ありません。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。