乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5924]
性別:女性
年齢:62歳

田澤篤先生、はじめまして。

田澤先生にお伺いしたいことがあります。

今、手元に資料がないので情報が足りないと思うのですが、もしよろしければお願いします。

昨年11月に母親(年齢62)が乳ガンと診断されました。

今、私が分かっている情報だと、平成29年ぐらいからしこりはあったみたいですが痛みもなく、でも不安になり病院に検査をしに行ったのが昨年10月と聞きました。

母親はステージⅡしこりの大きさ2.8mmの浸潤性のトリプルネガティブ乳がん(左乳房)で、ホルモン剤効かないタイプ、リンパ転移、他の臓器転移なし、AC4回とドセタキセル4回という抗がん剤投与を3週間おきに1回ずつ投与していくと聞いています。

他の方みたいに数値や情報が少なく本当に申し訳ないです。

田澤先生のコラムがあることを知らず、コラムを拝見させていただく前に治療方法を決めてしまってたので、今となっては後悔しかないのですが、母親自身も全摘出を考えているんですが、担当の先生から「抗がん剤も手術もしないといけないけど、抗がん剤は術前でも術後でもどちらでも大丈夫ですよ」と言われ、術前抗がん剤をしてからの手術という治療方針にしてしまいました。

ここで田澤先生のコラムを拝見させていただいてて「なぜ先に手術をしないのですか?」というお返事を見てると誤った治療方針にしてしまったのではないかと何ともない言えない気持ちになります。

もう今さら治療方針は変えていただけないと思いますので、このまま抗がん剤を投与し続けて、手術で全摘出ということになると思うのですが、術前抗がん剤をした場合には、手術後の抗がん剤は投与しないのでしょうか?

ちなみに昨年11月(下旬)日に1週間入院で投与してもらい、本日2回目の抗がん剤投与日です。

白血球の数値も前回の47→45に下がってたものの、投与しに行ってる最中です。

正直な話、術前抗がん剤はほぼ意味がないという感じなのでしょうか?
田澤先生なら間違いなく「術前でも術後でも大丈夫ですよ」とは仰られないということですよね。

抗がん剤投与は本日2回目で、手術もまだしてないですが、結局今回のこの選択が転移する原因になったり、何らかの原因で不幸を招く決断をしたのではないかと不安でたまりません。

情報が少なすぎますので、指摘してくだされば調べて解る範囲で書かせていただきます。

どうか田澤先生のアドバイスなどを現状解る範囲で教えていただければと思いメールさせていただきました。

乱文失礼致しました。

ご多忙のところ大変恐縮ですが、お返事いただければ幸いです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

事実だけを記載します。
1.抗癌剤は「術前に行っても、術後に行っても予後は同じ」
2.抗癌剤は必ず効くとは限らず、(もしも効かなかった場合には)病状が進行して(もともとは手術可能だった人が)「手術不能状態に追い込まれるリスクがある」

以上により、術前抗がん剤の適応は(現状、大きくて温存ができない状況で)「何とか小さくして温存手術にしたい」場合のみなのです。

「正直な話、術前抗がん剤はほぼ意味がないという感じなのでしょうか?」
⇒何か、誤解していますね。

 「術前に行う」理由がないということです。
 ★どうせ(小さくなっても)全摘するのであれば(敢えて、抗癌剤が効かなかった場合に手術不能となるリスクを冒してまで術前に行う)理由がないということです。
  予後(再発防止効果)は同じなのに、「敢えて、手術不能となるリスクを冒す」必要がありますか??

「結局今回のこの選択が転移する原因になったり、何らかの原因で不幸を招く決断をしたのではないかと不安でたまりません。」
⇒簡単な話です。

 主治医が「術前抗がん剤はリスクを伴う」という意識をもって、「きちんと抗癌剤の効果があるのか、自分自身で超音波を3週間に1回行う事!」
 それをすれば、(万が一効果がなくて病状が悪化しても)「致命傷となる前に、
(抗癌剤を中止して)手術を行う」ことができるのです。

 ○それを怠り「漫然と術前抗がん剤を行う」ようなことがないように「主治医がきちんとするように」注意(監視)していればいいのです。
 





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。