乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:3053]
性別:女性
年齢:51歳

初めて相談させていただきます。

今年乳がんの告知を受け、左乳房温存手術を受けました。

術後の結果として
1. 組織型:硬がん
2. しこりの大きさ:15㎜
3. リンパ節転移:陽性個数0 / 調べた個数 1
4. ホルモン受容体の有無 ER 10% PgR 0%
5. HER2タンパクの発現有無 0・1・2・3 段階中 1 (ほぼマイナスとのこと)
6. 組織学的悪性:3
7. 切除断端:マイナス
8. 脈管侵襲: リンパ→プラス 血管→マイナス
9. Ki67:95%

ほぼトリプルネガティブとのことで、治療方法として
抗がん剤治療をEC4クール タキサン4クール
放射線治療 ホルモン剤治療 を行うと説明を受けました。

現在(5/(下旬))EC4クールを終了しました。

ステージⅠの早期ですが、抗がん剤治療は必要なのか?ということで悩んでいます。

副作用による生活レベルの低下も考え、タキサン治療を中止しようと思っています。

また、ホルモン受容体が低いので、ホルモン治療の効果があまり期待できないにもかかわらず、
ホルモン治療をする必要がありまるのでしょうか?

私の場合、タキサン治療とホルモン治療を行わないことによるリスクは高いのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

pT1c(15mm), pN0, luminalB

十分な早期乳癌です。

「ステージⅠの早期ですが、抗がん剤治療は必要なのか?ということで悩んでいます。」
⇒ルミナールBなので「抗ガン剤すべき」と思います。
 

「また、ホルモン受容体が低いので、ホルモン治療の効果があまり期待できないにもかかわらず、ホルモン治療をする必要がありまるのでしょうか?」
⇒ホルモン療法はすべきです。

 10%というのはホルモン療法を勧めるのに十分な数値です。(5%以下ならば考えるところですが… ガイドラインでは1%でもあれば勧めるとなっています)
 

「私の場合、タキサン治療とホルモン治療を行わないことによるリスクは高いのでしょうか?」
⇒ルミナールタイプなので必ずしも「アンスラサイクリン+タキサン」でなくてもいいと思います。

 ただし、ホルモン療法はすべきです。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。