乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

[管理番号:4220]
性別:女性
年齢:56歳

母が先日乳がんと診断され手術を行いました。

そのため、今後の治療方針について質問させてください。

11月(中旬)日 CNB
[所見]
免疫組織化学染色を施行しました。

ER(+),J-score 3b,
PgR J-score2,
HER2(-)score0
MIB-1 labeling index60%@hot spotです。

12月(中旬)日 手術
[所見]
右乳房①~13およびLevel I リンパ節14(9個)切除組織標本が作製されています。

肉眼所見に一致して切片6,7,11,12,上に大型充実性胞巣を形成して浸潤性
に増殖するinvasive ductal carcinoma,
solid-tubular carcinomaを認めます。
nuclear grade 2相当です。
腫瘍の進
展は乳腺外脂肪織に一部および、また、腫瘍周辺には小範囲に乳管内進
展も認めます。
HE染色レベルで明らかな静脈侵襲を認めます。
断端は
free of tumorです。
リンパ節に転移は認めません。
n(Level I)(-)0/9です。

[Rt.C,30x20mm in size,invasive ductal carcinoma,solid-tubular
carcinoma,nuclear grade2(atypia 2 pts+mitosis 2pts=4 pts,LVI(+),
n(Level I)(-)0/9,surgical margin free]

主治医からはリンパ転移もないし、ホルモン療法が効くものと出てるから今後はホルモン療法のみでと言われ本日よりアミリデックスを処方されました。

しかし、MIB-1の値が60%と高くルミナルBではないかと思っています。

MIB-1が60%だとルミナルBとなり抗がん剤したほうがいいのではないかと先生に確認しましたが、先生はリンパに転移してないし、抗がん剤は副作用があるしな~…と曖昧でホルモン療法だけでいいとの事でした。

また後でもできるからとも言っていた気が…あまりはっきり言わない先生なのではっきりわからず…。

後でもできるというのは再発した時にやったほうがいいと思っているという事でしょうか?
本当にホルモン療法だけでいいのでしょうか?
母は分からないから先生の言う通りにするだけ。
と言っています。

抗がん剤はやりたくないというのは当たり前ですよね。

母がホルモン療法だけでいいと思っているところで私が抗がん剤したほうがいいと言うのも少々気がひけます。

でもできるだけ再発しないで長く生きてほしいです。

母のような癌の場合ホルモン療法単独でも大丈夫なのでしょうか?
ホルモン療法単独の場合と抗がん剤を上乗せした場合では再発率はどれくらい変わりますか?
また生存率はどれくらいなのでしょうか?
根治できますか?
母には抗がん剤で辛い思いをしてほしくないという一方で、できることはやってほしいと思ってしまいます。

もし、抗がん剤を行う場合は何の薬剤を使ってどれくらいの期間がいいのでしょうか?
またその薬剤ではどのような副作用があるのでしょうか?
次回の受診は1ヶ月後なのですが、抗がん剤を行うとしたらいつまでに行えばいいのでしょうか?
手術から1ヶ月たってしまいますがもう遅いですか?

また話は変わってしまいますがERやMIB-1は手術前に調べているため手術後は調べないそうです。

それでいいのでしょうか?

HE染色レベルで明らかな静脈侵襲を認めます。
というところも気になります。
転移しやすいのでしょうか?

オンコタイプDXは高額なためできませんが、高リスクとなる可能性が高いですか?
アジュバンドオンラインも英語で分からず…すいません。

とにかく不安で…相談できるところがないためこちらに相談させていただきました。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

pT2(30mm), pN0, luminal
早期乳癌です。
ただ、ひとつ疑問なのは「リンパ節転移無」なのに「何故センチネルリンパ節生検をしていないのか?」
通常「術前、画像診断で余程リンパ節転移を強く疑う」以外には行うものですが…

「母のような癌の場合ホルモン療法単独でも大丈夫なのでしょうか?」
⇒ご本人のおっしゃるように(術前針生検の結果とはいえ)「ルミナールB」と判断せざるを得ません。

 それなのに「抗ガン剤を勧めない」ことは正しい情報開示とは思いません。

「ホルモン療法単独の場合と抗がん剤を上乗せした場合では再発率はどれくらい変わりますか? また生存率はどれくらいなのでしょうか?」
⇒NeoAdjuvant. Comで調べると…

再発率 10年生存率
ホルモン療法単独 16% 84%
ホルモン+化学療法 12% 85%

 ♯これでみると「化学療法の上乗せが小さい」ように感じますが… このソフトでは「Ki67は考慮していない」ことは了解が必要です。

「根治できますか?」
⇒10年生存率は80%以上ですよ。 かなりの確率で根治することを確認ください。

「もし、抗がん剤を行う場合は何の薬剤を使ってどれくらいの期間がいいのでしょうか?」
⇒ルミナールタイプの抗ガン剤は…

 TC療法です。(3週間に1回、3カ月間)

「またその薬剤ではどのような副作用があるのでしょうか?」
⇒(短期)筋肉痛、全身倦怠感
 (長期)浮腫み、痺れ
 脱毛も必ずします。

「次回の受診は1ヶ月後なのですが、抗がん剤を行うとしたらいつまでに行えばいいのでしょうか?手術から1ヶ月たってしまいますがもう遅いですか?」
⇒特に絶対の基準はありませんが…

 3カ月以内が一つの目安です。

「また話は変わってしまいますがERやMIB-1は手術前に調べているため手術後は調べないそうです。それでいいのでしょうか?」
⇒本来は「術後に病変全体で検索すべき」です。

「HE染色レベルで明らかな静脈侵襲を認めます。というところも気になりす。転移しやすいのでしょうか?」
⇒無関係です。 気にしない様にしましょう。

「オンコタイプDXは高額なためできませんが、高リスクとなる可能性が高いですか?」
⇒『今週のコラム53回目 Ki67が「30未満」ならホルモン療法単独、Ki67が「30以上なら、Oncotype DXを推奨」しています。』の表をご参照ください。

 Ki67>39%以上では 80%以上が「高リスク」となります。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。