乳がんプラザ|乳がんの手術は江戸川病院・東京


[管理番号:5448]
性別:女性
年齢:52歳

CEAの数値について質問させてください。

昨年3月に乳がん告知、ステージ2b、同3月末に右乳房部分切除(腫瘍径1.8cm)、リンパ節転移あり(2/15)、リンパ管侵襲あり、グレード3、Ki30%以上でルミナールBでした。

術後、放射線治療を25回、抗がん剤はEC療法4回、ドセタキセル4回を
昨年11月中旬に終え、現在ホルモン治療中で、アナストロゾールを服用しています。

数日前に一年半検査をし、腹部&胸部エコーは異常なし、肺のレントゲンも異常なしでしたが、腫瘍マーカーが引っかかりました。

CEAです。

術後一か月経過後の昨年12月⇒3.1/3月⇒4.2/6月⇒5.0/9月⇒7.4 です。

6月時点で基準値5.0ギリギリだったのは私自身気になっていましたが、
この度の上昇は主治医が気になるということで、来週骨シンチを行います。
骨転移の可能性はかなり高いでしょうか?
今年1月より、徐々に増してくる関節痛、手足の痺れ、背部痛があり、
アナストロゾールの副作用だとは思いましたが、6月にリウマチ検査もしてもらいました。
長年リウマチ反応があるが特有の症状は無い状態が
10年以上続いており、関節痛等の原因は副作用か、リウマチか、五十肩か、はっきりさせたかったのです。

結果、リウマチではないと判断されました。

私の友人に、リウマチと診断され、CEAが12.4ぐらいが続いている女性がいます。
でも乳がんではありません、他のがんでもありません。

CEAの上昇は、やはり骨転移でしょうか、関節などの炎症による上昇とは考えられないでしょうか。

骨転移だと普通の生活が可能なのはは2、3年ぐらいですか?
3月に骨シンチをした時は異常なしでした。

主治医以外の意見を聞きたかったのです。

勝手ですが、よろしくお願いします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

この程度の腫瘍マーカーでは転移を強く疑う根拠にはなりません。
通常なら経過観察(3カ月後再検)でしょう。

「CEAの上昇は、やはり骨転移でしょうか」
⇒可能性がゼロとはいいませんが…

 かなり低いでしょう。

「関節などの炎症による上昇とは考えられないでしょうか。」
⇒十分、ありえます。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。