乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:4061]
性別:女性
年齢:36歳

初めまして。

よろしくお願いいたします。

8月上旬に右乳房にしこりを見つけ、早期の乳がんと診断され、11月上旬に部分摘出手術を受けた36歳です。

病理検査の結果が以下の通りでした。

浸潤性乳癌 + 広範囲の非浸潤癌
浸潤部の大きさ 1.1cm
脇の下のリンパ節転移 無し
他臓器転移 無し
stage1A (早期乳癌)

核異変度 3
Ly(+++)
V(-)
断端 一部に非浸潤癌(+)

ER=〉95%
pgr=〉90%
HER2 0
ki67 20-30%
ルミナールB

術前は抗がん剤の投与は恐らく不要と言われていたのですが、再発リスクを低くするために抗がん剤の使用を勧めると言われ、ショックを受けています。

先生に教えいただきたいのですが、上記の様に、核異変度が3、ki67が20-30%であると、素人考えでは、癌の顔つきが悪い=死と連想してしまうのですが、上記の数値はあくまで治療法を検討する際の材料で、自分自信の状態や将来について考える際は、ステージ1Aの5年、10年生存率を期待してもいいのでしょうか?

また、先生の書かれたコラムの中に、ki67が30以上の場合はオンコタイプDXを勧めるとありましたが、私の場合でも同様にお考えでしょうか?

また、抗がん剤を使用した場合と使用しない場合の再発率、生存率を教えていただけますでしょうか?

お忙しいところ恐れ入りますが、ご回答をお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

そもそもKi67 20-30%を「ルミナールBと判断して抗ガン剤を勧めている」ことが誤りです。
質問者も御覧になっているようですが、『今週のコラム53回目 Ki67が「30未満」ならホルモン療法単独、Ki67が「30以上なら、Oncotype DXを推奨」しています。』を再度見直してください。

○最後の表を見てもらえば「Ki67 20-30%」ではOncotype DXをすると「実に85%でRSが低リスクもしくは中間リスクとなる」のです。
 私が再三コメントしているように「RSが低及び中間リスク つまりRS≦30では化学療法による上乗せがない=ルミナールA相当」と考えるべきなのです。

○質問者が私の患者さんであったなら…  (1秒も迷うことなく)ルミナールAとして「ホルモン療法単独」とします。

「上記の数値はあくまで治療法を検討する際の材料で、自分自信の状態や将来について考える際は、ステージ1Aの5年、10年生存率を期待してもいいのでしょうか?」
⇒その通りです。

「また、先生の書かれたコラムの中に、ki67が30以上の場合はオンコタイプDXを勧めるとありましたが、私の場合でも同様にお考えでしょうか?」
⇒その通りです。

 質問者は「Ki67 20~30」なのだからOncotype DXを勧めることなく、ホルモン療法単独とします。

「また、抗がん剤を使用した場合と使用しない場合の再発率、生存率を教えていただけますでしょうか?」
⇒もしも、気になるのであれば…

 Oncotype DXをしてみましょう。
 「Tam Alone」と「Tam + Chemo」の数値を見れば、質問者の場合の数値が解ります。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。