乳がん手術は江戸川病院・東京


[管理番号:2969]
性別:女性
年齢:38歳

浸潤性右乳管癌

病理結果
ホルモン受容体
エストロゲン 陰性
プロゲステロン 境界線
HER2 3+
グレード 3
Ki-67 37%
サブタイプ HER2陽性
リンパ節 今のところなし
遠隔転移も所見なし

乳房全摘出+同時再建の予定

術後、化学療法とHER2陽性の治療を半年と言われました。

再発がとても怖いです。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

腫瘍径の記載がありませんが、「リンパ節転移所見なし」ということから「早期乳癌」のようです。
ハーツータイプであり、抗HER2療法が必須となります。
○抗HER2療法は「再発率を半分とする」大変[優れた治療」です。 頑張りましょう。

「術後、化学療法とHER2陽性の治療を半年と言われました」
⇒正確に言えば…

 アンスラサイクリン(AC, EC, FECのどれか)を3カ月⇒タキサン(ドセタキセル、パクリタキセルのどちらか)+ハーセプチンを3カ月⇒ハーセプチン単独で9カ月 ♯ハーセプチンとしてトータル1年というメニューの筈です。

 
 

 

質問者様から 【質問2】

腫瘍径がぬけてました。

2.7~9と言われ、ステージⅡaです。

術中のリンパ転移があれば、Ⅱbになりますよね?
リンパ転移だと、放射線が追加と言われています。

本を見るとHER2は、2~3年後に再発する進進行性の乳ガンと記載があり、治療しても無駄なのか…と非常に心配でなりません。

やはり、生存率は低いのでしょうか?
母親も乳ガンで、再発の苦しさや、最後の状態も見てきているので、とても不安でなりません。

 

田澤先生から 【回答2】

こんにちは。田澤です。

抗HER2療法は人類の偉大なる勝利の一つです。
2008年、抗HER2療法が術後補助療法として適応拡大されました。
HER2陽性乳癌も2008を境に大幅に予後が変わっています。

「本を見るとHER2は、2~3年後に再発する進進行性の乳ガンと記載」
⇒その本のことは知りませんが…

 かつて[難攻不落」と言われていたHER2陽性乳癌は、いまや「最も予後が良い癌」となっています。
 

「術中のリンパ転移があれば、Ⅱbになりますよね?」
⇒その通りです。
 

「リンパ転移だと、放射線が追加と言われています。」
⇒4個以上だと「推奨度A]です。

 全身療法が発達した現在、「リンパ節転移1-3個での放射線適応」には疑問があります。
 放射線照射はあくまでも「局所療法」なのです。
 

「やはり、生存率は低いのでしょうか?」
⇒抗HER2療法を行えば、「再発率は半分」となります。
 「HER2が予後が悪い時代」は、とうの昔に過去となりました。

 やるべきことをやることです。

 
 

 

質問者様から 【質問3】

術後の病理結果がでました。

Inbasive ducta varcinoma,Papilloutubula type,of the right breast:右
CA,Papillotubular carcinoma,3.5cm (pT2),g,f,HG(NG)Grade3,ly0,v0,surgical
,margins appeared free of cancer eztension,
リンパ節/sLNB
Ngative for sLNs metastasis on permanent sectioms,NO,stege Ⅱa
と記載ありました。

月末より抗がん剤開始です。

EFC療法+ハーセプチンを合わせて約1年の予定です。

状態や予後は悪いのでしょうか?

あと、治療後に卵巣の機能が戻り妊娠など可能でしょうか?
命が優先とは思っていますが、なかなか諦めきれない思いもあります。

 

田澤先生から 【回答3】

こんにちは。田澤です。

pT2(35mm), pN0, pStage2A, HER2 type
十分な早期乳癌です。

「EFC療法+ハーセプチンを合わせて約1年の予定です」
⇒これには勘違いがあるようです。

 FEC(アンスラサイクリン)とハーセプチンは併用しないので、正確には「FEC終了後、ハーセプチン1年」となります。
 ただ、抗HER2療法のgolden standardは「アンスラサイクリン+タキサン」であり、現在ではそこから「アンスラサイクリンを抜いてタキサン+ハーセプチン」とした「非アンスラサイクリンレジメン」が(早期では)主流になりつつあります。

 質問者の場合は(FECとハーセプチンしかしないのであれば)「非タキサンレジメン」となってしまいます。 これは一般的ではありません。
 

「状態や予後は悪いのでしょうか?」
⇒せっかくの早期乳癌です。

 悪い筈がありません。
 

「あと、治療後に卵巣の機能が戻り妊娠など可能でしょうか?命が優先とは思っていますが、なかなか諦めきれない思いもあります。」
⇒38歳という年齢からは(いったんは化学療法閉経にはなっても)自然に回復する可能性も十分にあります。

 ただし、「妊娠出産」を考えるのであれば、(化学療法前に)「卵子凍結をしておく」方が安全です。





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。