[管理番号:6173]
性別:女性
年齢:48歳

初めて質問させて頂きます。

昨年秋、健康診断のエコー検査で乳ガンの可能性を指摘され、その場で紹介状を書いて下さり、数日後病院へ行きました。

健康診断を行った施設が、エコー写真を添付して下さったので、その画像を見ただけで、その病院でもガンだろうという診断でした。

その後、色々な検査をした結果、浸潤ガンと確定され1月に部分切除を行い、今月頭に病理検査の結果を聞きに行きました。

エコーではだいたい13mmの大きさと言われていたのですが、病理検査の結果では、病変の大きさ(浸潤部)が27*16*12mmとなっていたのですが、数ヶ月程で倍近くの大きさの違いが出てくるものなのでしょうか?

このエコーの画像というのは、2Dで見た画像なので、今回の27*16*12mmの12mmの部分を映していたという事なのでしょうか?

もう手術をして取り除いてしまいましたが、気になるので質問させていただきました。

よろしくお願いいたします。

 

田澤先生からの回答

こんにちは。田澤です。

「エコーではだいたい13mmの大きさと言われていたのですが、病理検査の結果では、
病変の大きさ(浸潤部)が27*16*12mmとなっていたのですが、数ヶ月程で倍近くの大きさの違いが出てくるものなのでしょうか?」

→違います。

 画像所見(MRIも含む)と病理所見が異なるのは「寧ろ当然」です。(前者が「肉眼」での計測に対して、後者は「顕微鏡」での計測なのですから)

「このエコーの画像というのは、2Dで見た画像なので、今回の27*16*12mmの12mmの部分を映していたという事なのでしょうか?」
→これは、違います。

 27x16x12とは(立体的なシコリの)「最大径(この場合27mm)」に対して(直交する)「短径」とそれに対する「厚み」が示されています。
 エコーでの最大径(この場合13mm)は(エコー画像上の)「最大径」を指しているのです。(つまり、対比するとしたら「エコーでの13mmは病理での27mmに相当」することとなります)





「 乳がん Q and A 」直近の更新









サイト内検索

記事や皆様の質問の検索には、「サイト内検索」を使用してください。

例)乳がん しこり
例)脇の下 しこり
例)しこり 痛み
例)線維腺腫 (←誤字に注意)
例)乳腺症

*検索したい文字を正確に入力してください。
「石灰化」で検索したい場合…
(○)石灰化
(×)石灰か *「か」だけ「ひらがな」になっている。
(×)せっかいか *「ひらがな」になっている。



乳がんや乳腺の疾患に関する質問を受け付けています。

乳がんや乳腺の疾患に関する質問はこちらかどうぞ。