乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

トモセラピーの受診

先生の病院にあるトモセラピーがとても精度が高いとお聞きしました。出来ればトモセラピーでの放射線治療を受けたいのですが、手術をした先生と違うところに移っても問題ないのでしょうか。<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術前化学療法と今後について

化学療法で乳房内の拡がりが改善されれば手術が出来るということでしょうか?術前化学療法で目に見える腫瘍が消失した場合は温存手術も可能でしょうか?<女性:53歳>

回答はこちらをクリックしてください。

針生検とマンモトーム生検の結果の乖離

マンモトーム生検の結果、良性の乳腺症と診断されました。また、摘出についてですが主治医の先生にお話ししたところ、今はまだ悪性の可能性は低いので、手術のリスクを考えると、経過観察で大丈夫だと思う(望むなら摘出も可能)とのことでした。<女性:23歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳癌と診断された場合の病院選定等について

癌と診断された場合、どこの病院にいくのか迷っています。私は○○県に住んでおり、少し前までは○○がんセンターに有名な先生がおられたようですが、今はおられないとのことですので、迷っているところです。<女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

針生検の結果をどう理解すればよいのでしょうか

生検の結果を聞き、医師からは切開生検をすすめられました。今後、MRI、切開生検をうけます。細胞診の結果以降は、出来る限り迅速に進めてもらえるように、お願いしてきまきた。MRIが本当に必要な検査なのかどうかは疑問です。針生検をすればはっきりすると思っていたので、癌という診断が付かなかった安堵感はなく、落ち込みました。<女性:51歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤治療中の身体の変化

抗がん剤ドセタキセル中に、手術した逆側の脇や、胸と胸の間の平な辺りが、ピクピク動いていたことがあります。常にではなく数回です。初めての経験です。この症状は一体なんなのでしょうか。<女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳癌発生かも

母は21年前(47歳の時)に乳癌発見されました。乳房切除術を受けて放射線治療も受けました。一ヶ月前に瘢痕の所に赤いのが出ました。お母さんはまだ病院へ行ってないです。<女性:30歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ki67高値と術前化学療法

早ければ、再来週にも抗ガン剤または手術と述べましたが、BRCAの検査を踏まえ術式を考えるなるとと更に検査に2-3週間くらいは掛かりそうです。Ki67値が95と非常に高いので一刻も早く何らかの処置をと思っておりますが、いかが思いますでしょうか?<女性:36歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳房の病気

8日に改めてのマンモと触診では特に異常はなく、エコーで左乳房の左斜め上辺りに横2cmくらいのしこり?があるとの事。15日に針を刺す生検を受けて、22日に結果が出ます。2ヶ所、取りました。15年前に子宮けい癌の検診で異形細胞があったり。子宮筋腫が年々大きくなったりで。そちらの事には何度も診察を受けているのですが、乳房の病気や乳癌のことは全くわかりません。<女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

検査結果及び治療方法について

担当医からはおとなしい癌と言われましたが、娘結節部分を含めると5cmくらいの広がりのようですが、おとなしい癌なのに、こんなに広がるものなのでしょうか?ステージを決める際のしこりの大きさは5cmと考えるべきですか?転移の可能性もありますか?<女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤副作用

1回目の後のCT検査で「想定以上に効いています」との事で家族で喜びました。今週の3クール前にも薬の効果は見てくださってからの投与予定でした。ところが母は副作用が辛く3剤の投与をやめると言いだしました。<女性:72歳>

回答はこちらをクリックしてください。

卵巣がん克服からの乳がん発症

・2013年6月(約2年前)まで半年に1回のペースでCTを受診しておりました。(卵巣がん経過観察のため)2年で2.4cmにまで大きくなるものでしょうか?<女性:36歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ステージがさがりました

ステージⅡbからⅡaに変わりました。ただ、術前の病理結果もふまえ今回TC療法4クール行っています。OPの担当医、主治医ともに抗ガン剤は必要かどうかとても悩まれていました。抗ガン剤は私も納得の上なのでいいのですが最終的には術後病理を信用していいのでしょうか?<女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

前癌病変について

前癌病変とは、癌になる可能性が高い細胞という事で、癌にならずに終わる事もあるという事でしょうか?本当に年に一度のマンモグラフィー検査を受けるしか、出来る事はないのでしょうか?外科的生検検査は必要ないのでしょうか?<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。