乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

一昨年の検査結果見逃し

去年10月のマンモグラフィーの結果が異常無しだったもので 少し安心していたのですが、その後一昨年初めて行ったのマンモグラフィーの結果が 左 石灰化 非対称乳房組織とあり 精密検査をお勧めします と 書いてあったものが出て来て、今 パニック状態です。<女性:41歳>

回答はこちらをクリックしてください。

HER2の検査(免疫染色とFISH法)

ハーツーは、2だったので、FISH法で調べてるんですけど、これが、調べて-になる事はあるんですか?それとも、3+になるんですか?<女性:31歳>

回答はこちらをクリックしてください。

センチネルリンパへの微小転移(DCIS全摘後)

DCISと診断され、先の6/15に7x5cmとInvasive tumore(浸潤)0.9mmを摘出。現時点で、同時再建で胸にはエキスパンダーが入っていますが、腋窩リンパ節の郭清後、放射線治療は可能ですか?今、私の置かれているガンの症状・状態、予後、腋窩リンパ節の郭清後の治療方法など、ご説明頂けると有難いです。<女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

浸潤性癌の治療法 ○江戸川病院乳腺外科秘書室

術後の病理検査結果が出ました。左胸に2cmのグレード3の浸潤が見つかり、ホルモン感受性の結果を受けて治療方法を決めるということでした。私としては2cmのグレード3ということで転移が心配なのですが、骨シンチやCTもせず、治療法を決めるのに疑問があります。<女性:50歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳房温存手術後の抗がん剤治療について

乳がんと診断されました。がんの大きさは、12mmとの事で温存療法を選択しその後放射線治療とホルモン剤治療をする予定でした。先日、治療計画が出て、TC療法を勧められました。(リンパ節転移はありませんでした)勧められるままTC療法を受け入れるべきでしょうか。<女性:44歳>

回答はこちらをクリックしてください。

リンパ節転移(センチネルと腋下の違い)

4か月前に乳がんの手術を受け。リンパ節転移が4個以上あれば、全摘でも放射線治療を受けた方が良い等の話しを聞きますが、この場合のリンパ節転移の個数は、センチネル生検をした場合のセンチネルリンパ節転移の数の事でしょうか?<女性:53歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ルミナールAでの「微小転移」

TC療法を3ケ月、できれば6ヵ月を勧められていましたが、副作用の説明を聞いてるうちにどうしても受ける気持ちになれず、化学療法のための入院もウイッグもキャンセルしてしまいました。あの時腫瘍内科の先生に言われた「再発したら後悔しないのですか?」という言葉が心を重くしていましたが、今回先生が「抗がん剤治療は必要なかったのでは」と言ってくださり気持ちが軽くなりました。<女性:49歳>

回答はこちらをクリックしてください。

転移でしょうか。

本日、乳ガンと診断されました。右乳頭下にしこりを発見したのが6月上旬でした。すぐ近くの外科へ行き、超音波・マンモを受けました。しこりの中心部にホクロのようなものが現れてきたような気がします。今通院している病院では医師の都合で継続して診察ができないとのことで紹介状をもらい、来週新しい病院へ行くことになっています。<女性:36歳>

回答はこちらをクリックしてください。

極めて癌の可能性がある

マンモ、エコーを行った後に「極めて癌の可能性が高い」と言われ、先日、造影剤を使ったCTとMRI、エコー下マンモトーム生検を行ないました。結果がでるのは二週間後なのですが、極めて癌の可能性が高いという言い方をされた場合は癌確定という覚悟が必要でしょうか?<女性:40歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後抗がん剤治療の開始時期について

もし順調にいってもEC開始は8月下旬、術後4か月も経過してしまいます。Tに入るのは11月、こんなに遅くなっても効果は大丈夫なのでしょうか?素人の発想で、TCで両方の種類の薬を早い時期に体に入れ終わった方が効果があるのでは?と考えてしまいます。3ヶ月で治療が終わることにも魅かれます。<女性:51歳>

回答はこちらをクリックしてください。

病院別治療成績について

治療がひと段落した今(温存手術、化学療法、放射線、現在ホルモン療法中)いろいろ調べると、病院によってこんなにも治療成績の違いがあるのに驚きです。同じように標準治療をしているにも関わらずこのような差が出るのは何故なんでしょう。心情的には今更ながら生存率の高い病院に移ったほうが良いのかと思ってしまいます。<女性:36歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤をやるべきかどうか

乳癌と診断されました。温存術で手術を受けました。今後の治療として放射線療法とホルモン療法を受ける予定です。放射線療法:5~6週間、ホルモン療法:タモキシフェンを1日1回×5~10年 & LHRHアゴニスト×2年。それに加え、抗がん剤を行うかどうかを選択するように言われていますが、強く勧められているわけではない為、決断しかねています。<女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

しこり発見後の初診

乳腺外科のある総合病院を受診し、触診→エコー検査の結果、6.4㎜の腫瘍が見つかりました。まだ、小さいが、形がとげとげして見えるとのこと。細胞診では確定ではなく、組織診によって確定だという事ですが、結果を聞きに行った際、「良性」でも、再度、組織診を希望した方がいいのでしょうか?また、「悪性」でも、組織診をした結果「良性だった」という事もあるのでしょうか?<女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

分泌液

乳頭を絞りますと両方の胸の複数の穴から少量の分泌液があります。乳輪からもでたことがあります。色は乳白色、透明で白い紙にとってみますと黄色っぽい透明な色に見えます。嚢胞があると言われ、そのときのマンモグラフィーでは、血性混じりの分泌と言われました。<女性:50代>

回答はこちらをクリックしてください。

術後3週間での医療用レーザー脱毛

この病気になってから診察時に脇を出す機会が多くなり、放射線治療中は脇の無駄毛処理が出来ないとネットで見た為、その前にと医療用レーザー脱毛を受けましたが、現在、術後3週間なので心配になっています。<女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

サブタイプがわかりません

担当医は初診の時既に乳癌であると判断したようで乳癌についての小冊子を渡されました。結果説明のときにその冊子を持参しなければならなかったようなのですが、持参するようにという指示は無く持って行きませんでした。冊子を用いて説明するのだから…ということで憮然とされ、組織診の結果説明は全くして貰えませんでした。<女性:56歳>

回答はこちらをクリックしてください。

トリプルネガティブ乳がんの再発と転移

今年3月に乳がんと診断され、温存手術し、病理検査の結果、「ステージ2a、浸潤径 14X11、リンパ節転移 1、核グレード 3、Ki67 60%、トリプルネガティブ。と結果でした。外科の主治医からは、転移について、・無治療の場合42%、治療した場合24%。抗がん治療は FECx4回の後、タキサン系X4.その後放射線です。との診断でした。ただ主治医からは「その結果に再発は含まれていない。再発はまた手術で治せるから」というコメントがありました。<女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

反対側の違和感

1年半前に左側を非浸潤の乳管癌で温存、放射線、現在はホルモン治療中です。ゾラデッグスとタスオミンです。ここ一ヶ月くらい健側の右胸に違和感を感じます。この違和感はホルモン治療の影響でしょうか、それとも反対側にも乳癌の可能性が出てきたのでしょうか。<女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

生検で非浸潤でリンパ節9ミリ

痛みのあるしこりを見つけ、マンモ+エコーで再検査となりました。7月1日に結果が出て、生検では非浸潤なのでステージ0かあってもⅠですと言われたので、少し安心していました。しかし転院先への引き継ぎに「腋窩リンパ節肥大(9ミリ)」と書かれていて、リンパ節に転移しているのではないかと不安になりました。リンパ節転移の可能性は高いのでしょうか。<女性:38歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳癌と診断されました

マンモグラフィー、エコー、マンモトーム生検を受けて乳癌と診断されました。今分かっているのは、ステージ2の浸潤癌です。 しこりの大きさは胸の外から計って「4センチね。でも実際はもう少し小さいと思うけど」と言われました。エコーで技師の方が計られた時は2.3センチ位だったと思います。<女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

weekly PTXの評価

私は心疾患あり、トリプルネガティブ2aで、術前治療で現在ウイークリータキソールを三投一休で、12回中、9回まで終わりました。 その途中経過が、エコーで3センチ強が18ミリくらいになったと言われたのですが、それでも、よい効果と受け止めて良いのでしょうか? <女性:40歳>

回答はこちらをクリックしてください。

マンモトーム生検の結果待ちです。

乳腺症かもしれないし、良性かもしれないし、五分五分、白黒つけましょう言われました。癌の可能性は高いのでしょうか?普通、MRI、マンモトーム検査までするものでしょうか?とても、不安です。<女性:34歳>

回答はこちらをクリックしてください。