乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

浸潤性癌の治療法

術後の病理検査結果が出ました。左胸に2cmのグレード3の浸潤が見つかり、ホルモン感受性の結果を受けて治療方法を決めるということでした。私としては2cmのグレード3ということで転移が心配なのですが、骨シンチやCTもせず、治療法を決めるのに疑問があります。<女性:50歳>

回答はこちらをクリックしてください。

手術前の不安

半年前に右胸外側にしこりがみつかり(1㎝)、針生検の結果乳管内乳頭腫の疑いありで経過観察し、半年後(今月上旬)しこりが大きくなり(1.5㎝)再度針生検をした結果乳癌の診断が出ました。上の所見をもう少し詳しく教えてください。もう初期の段階ではないですよね。浸潤ガンということもあり毎日不安で過ごしてます。<女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

2度の細胞診

マンモグラフィとエコーをしたのですが、また細胞診が必要と言われ、来週受ける予定です。細胞診を2度もするのは、癌が疑わしいからでしょうか?今回また細胞診がうまく行かない場合、半年放っておいて、大丈夫なのか不安になります。<女性:44歳>

回答はこちらをクリックしてください。

トリプルネガティブ乳がん再発率リスクについて

母52歳がトリプルネガティブ乳癌で、 術前にfec4回終了後、母の希望により先に手術をしました。 病理結果が「腫瘍5.5センチ 、ki67- 70%、HER2陰性、リンパ転移なし-12個郭清-陰性、ホルモン感受性なし、グレード3、脈官浸潤あり 」でした。癌細胞の縮小はなかったが、壊死しているところもあったそうです。現在は、ドセタキセル3回目です。母の結果は、どのくらい深刻なのでしょう。 <女性:52歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ルミナールBの抗がん剤について

担当医は抗がん剤はしなくてもいいと思いますが、どうしますか。との事で、説明を聞いて抗がん剤はしない事に決めました。今後はタモキシフェン を5年。(10年に変更ありかも)ゾラデックスを2年間。大きい検査を年に1回です。 ルミナールBで抗がん剤なしなのが、気になりますが、セカンドオピニオンをする気力がありません。一般的な治療でしょうか。<女性:39歳>

回答はこちらをクリックしてください。

Eカドヘリンのない乳管癌は高リスクでしょうか

去年の9月、シコリを見つけて受診、乳がんと分かり手術を受けました。説明に、構造的に明らかな乳管癌であるが、乳管癌特有のEカドヘリンが見られない。と書かれていました。Eカドヘリンを調べて見ると、Eカドヘリンの消失は予後が悪いと書かれているものが目につき、心配です。<女性:42>

回答はこちらをクリックしてください。

小さいですが浸潤がんです

7ミリの浸潤がんとの診断を受けました。それまでは、乳管内にとどまっている非浸潤がんの可能性が高く、顔つきも悪くなさそうと言われていたので、浸潤がんと言われてショックを受けています。(わずかでも乳管の外に滲み出ていれば浸潤と言うそうですね)これから予定を決めて手術するのですが、抗ガン剤や放射線治療は受けたくありません。<女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤治療中の触診について

ステージ2bの乳癌でリンパに複数転移があり、現在抗がん剤治療中(3週毎に全8クールの内、3クール目が終わったところ)です。今さらふと気になったのですが、主治医の触診を今までに一度も受けたことがありません。これは普通なんでしょうか?<男性:37歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後補助療法について

腫瘍径が小さいと、転移はないと教えていただきましたが、術後になぜ全身療法をするのですか?あと、温存手術でリンパ節転移はなく(センチネルのみ)なのですが、手術側の肩にかばんをかけないように、重い物の持たないようになど言われていますが、これからどのぐらい重いものを持ったり、手を使う仕事をしてはいけませんか?術後、みなさんどのくらいから仕事復帰されますか?<女性:37歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳管にそってポリープのようなものが

乳がん検査でマンモとエコーの検査を受けて来たのですが、マンモでは何も映らなかったのですがエコーで黒い影が映りました。右胸の12時の方向に乳管に沿って2mm位のポリープのようなものが4つあると言われて、3ヶ月後にもう一度エコーで見せて下さいとの事でした。3ヶ月もそのままにして大丈夫なものなのか、はたしてそのポリープのようなものが何なのか心配です。<女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。