乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科

脇の下切除の手術予定

マンモグラフィで脇下にしこりが見つかりました。細胞診の結果、1度目は3bという結果で、2度目は数字は教えていただけませんでしたが「悪い物が出ているので切除手術をしましょう」ということでした。<女性:34歳>

回答はこちらをクリックしてください。

トリプルネガティブ

どう転がってもトリプルネガティブは再発転移しやすい予後というのは避けられないものでしょうか…8月3日からTC×4回行い、その後は経過観察を。との主治医のお話でしたが、母は、今は副作用の不安がいっぱいいっぱいで、寝込んでしまいました。田澤先生、抗がん剤後は、やはりもう無治療しかないのでしょうか?トリプルネガティブは定期観察していくしかないのでしょうか?<女性:65歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤の必要性

タキサン系の抗がん剤について、今の段階でやらなくても良いか、行った場合とやらなかった場合の転移・再発率のパーセンテージ。タキサン系の副作用の末梢神経障害がものすごく不安で、この末梢神経障害が後遺症として残るパーセンテージを教えて頂きたい。(知人で、つい最近治療を終えられた方がいて、包丁が持てない、本がめくれない、家事はできない、という様な事を伺ったのでものすごく心配です。<女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術前、術後の変化

去年の9月に嫁が乳がんの手術をしました。術前は充実腺癌、15mm、ホルモン陽性、ハーツー陰性、リンパ節転移なしでしたがkiが高くてルミナールBで抗ガン剤をする事になっていましたが術後にkiが10ま~15%になってルミナールAで抗ガン剤はしなくて2年のリュープリンと5年のタスオミンの治療をしています。<女性:44歳>

回答はこちらをクリックしてください。

病理所見について

現在手術を控えております。針生検したところ、浸潤性乳管がんで推定組織型は硬がんと充実腺管がん。腫瘍は横長で7ミリ程。気になっているのは、同じサンプルを見たもう一人別の病理医が「浸潤の可能性もあるが僅かしか認められないので非浸潤かもしれない」という報告を出してきたことです。<女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

突然胸にしこりが

毎日、触っていた自分の胸にしこりを見つけました。毎日お風呂で触っていてたのに、昨日なかったはずが今日ある と言った感じです。位置は胸の乳頭より下で大きさは直径5センチ位で胸の表面の内側にあります。少し痛みもあり、表面がボコボコしています。こんな急にこんな大きさでしこりが現れる事があるんでしょうか?これは乳癌でしょうか?<女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

治験を勧められてます。

乳がん 浸潤性 Her2陽性 ホルモン陰性 しこり1センチ 触診等で、わからない。 主治医からneo peaks 治験を勧められました。 MRI 骨シンチ CT 転移なし。次回、センチネルリンパ節手術予定 その後術前科学療法で、治験の予定に不安があります。今の状況での治験参加はお勧めでしょうか?<女性:50歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ステレオガイド下マンモトーム生針

江戸川病院でも 一日に何人もの方が続けて マンモトーム生針を受けられていると 思いますが 針はその都度(一人ひとり)交換するものなのでしょうか?また 先に検査をした方の採取した石灰化組織などが 機械の中に残り 次の方の採取した物と混ざってしまうことはないのですか?<女性:50歳>

回答はこちらをクリックしてください。

トリプルポジティブの術後治療について

トリプルポジティブは、乳がん全体の10%ほどで再発転移を繰り返しやすく予後は悪いとの書き込みが多いのですが完治は可能でしょうか?ki-67は12.8%で増殖スピードはゆっくりでおとなしい癌と認識していたのですが、HER2 3+だと進行癌になるのでしょうか?<女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

手術前の不安

半年前に右胸外側にしこりがみつかり(1㎝)、針生検の結果乳管内乳頭腫の疑いありで経過観察し、半年後(今月上旬)しこりが大きくなり(1.5㎝)再度針生検をした結果乳癌の診断が出ました。上の所見をもう少し詳しく教えてください。もう初期の段階ではないですよね。浸潤ガンということもあり毎日不安で過ごしてます。<女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

左胸の谷間付近にしこり

1歳6ヶ月の子供があて授乳中です!!二日前に左胸の谷間付近にしこりがありました!!痛みもあります!!乳ガンでしょうか?<女性:30歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳がん石灰化

6年前より、マンモグラフィーを受けて、両側石灰化の診断を受けて、半年から一年に一度、マンモグラフィーを受けてきましたが、今年の検診で要検査の診断。両側 UML領域 石灰化との記載です。どういう事でしょうか?<女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

主治医の説明がほとんどなく、治療に不安を抱いています

私が主治医を不信に思う原因ですが、毎年診断しているのに、何故1センチになるまで気が付かなかったのか。(触診でも気がつかなかった)又、がんと診断されたときに、2011年にあった5ミリのものが、2014年から大きくなって、がん化したみたいだねと言われました。今後の再発のことを考えると、見落とされそうで不安に思います。放射線治療を終えたら、違う病院に行こうか迷っています。<女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳ガンと診断されました。

結果は浸潤がんでした。腫瘍は11mm、核異形グレード3、ki67 70%と言われています。CT、MRIも済ませ30日に、乳房温存手術を受けることになりました。ホルモン療法も、有効ですが抗がん剤も使用します。との話でバタバタと決まりすぎて、これで大丈夫なのか。今後の治療も、不安で仕方がありません。<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

2.5のしこり

9カ月しか経っていないのにしこりが2.5センチ程あると言われてこんなに早く大きくなるなんて一カ月なんかもっと大きくなるんじゃないかと心配になり、翌々日に病院に行き先生に相談しに行きました。<女性:40歳>

回答はこちらをクリックしてください。

放射線治療

温存手術後、これから放射線治療が始まりますが、病理診断に 切除断端は陰性ですが、深部断端から2ミリ程度の領域に、癌の小葉内進展ないし乳管内進展わずかに認めています。とありました。これは25回の治療で大丈夫でしょうか?<女性:53歳>

回答はこちらをクリックしてください。

子宮卵巣全摘後のホルモン療法と石灰化について。

子宮卵巣全摘術を受け手術後からエストロゲンの補充療法を受けてます。手術後ホルモン療法を開始後にマンモグラフィをした所 1年半前には全く無かった石灰化が左に1個右に2個ありました。エコーもしましたがエコーでは石灰化も見えず 今急いで生検する事もないでしょうって事で半年後の再度マンモグラフィになりました。急に複数の石灰化が出来るのはホルモン療法の影響があるのでしょうか?<女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳がん宣告

胸にしこりと痛みがあり病院に行きました。マンモ、エコー、針生検をし3週間の結果待ちで非浸潤がんとの説明をされました。3週間の中で病院から電話がありもっと踏み入った検査をしたいのでと連絡がありました。手術も決まりました!<女性:32歳>

回答はこちらをクリックしてください。

蕁麻疹

TC療法はじまり、関節痛もひどいのがようやく一週間でおさまり、安心しました。只今四日め位から首回りがかゆくなりあっというまに広がり、昨日病院で受診したら、抗がん剤か、抗生剤の蕁麻疹と言われました。抗がん剤なら毎回でるかと。<女性:38歳>

回答はこちらをクリックしてください。

多発性乳がんについて

マンモとエコーの検査を受けたところ、ほぼ乳がんで間違いないということでした。マンモには石灰化は映るものの、腫瘤ははっきりとは映っていませんでしたが、エコーでは大小十数個の悪性腫瘤が認められ、最大で3センチだといわれました。<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

リンパ節転移について

リンパ節転移が陽性となると、イコール予後不良、再発しやすいと一般に言われておりますが、一体具体的にどうしてなのでしょうか。有るよりは無いに越したことはないということは漠然と理解してるのですが、局所治療や綺麗に取りのぞければ、そんなに悲観しなくてもいいのではと思ったりもするのですが。他の癌のリンパ節転移とはリスクの度合いが違うのでしょか。<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後の治療について

主治医には「ほぼ非浸潤なので、ホルモン治療も必要ないと思います。後は定期検診で良く見ていきます」と言われました。放射線も受けていません。無治療で良いのならありがたいですが、ネットで色々調べると治療は千差万別のように感じたので、ガイドライン上としてはどうなのか、あるいは医師によってどの程度の見解相違があるものなのか教えていただけると助かります。<女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

トリプルネガティブ乳ガンです

私のようなトリプルネガティブタイプの乳ガンは再発、転移する可能性は高いですか?抗がん剤しか頼りのないトリプルネガティブなのに、完全寛解出来ずに4ミリ残ってしまったこと。Kiの数値が高いことと、硬癌であることなどから不安材料が多くて頭から離れず気が休まる時がありません。まだ四歳の息子がいるので、しっかりしなくてはいけないのですが、寝顔を見ると涙が出てきます。<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

癌が確定しないままで

しこりの大きさや場所の説明はなく、温存か廓清の説明しかありませんでした。悪性疾患で根治するために手術をしますと書かれおり同意書にサインをしました。嚢胞内腫瘍、乳がんの癌の疑い、細胞診等の確定診断を受けないまま、右乳房癌根治術+センチネル生検を受けました。術後の病理検査の結果は異形乳管過形成でした。<女性:52歳>

回答はこちらをクリックしてください。

確定診断前に主治医を変えたい

同じ先生にずっと検診2年ごと受けていて、その度にこの硬いの気になるんですよね、と話してたから、この硬いのは生理になると気にならなくなるか気にするなと言われていたのもあり、全くガンと思わず。この先生のままではまずいと思います。家族は今すぐ紹介状なしでの転院を進めます。<女性:49歳>

回答はこちらをクリックしてください。

トリプルネガティブの術後の抗がん剤治療について

主治医より、抗がん剤治療①FEC ②ドセタキルをすすめられています。抗がん剤による治療をすると再発率はしない場合に比べると30%が15%の割合くらいになると説明を受けました、抗がん剤による副作用等考えると、選択に迷いますが、いかがなものでしょうか、妻は当初は抗がん剤治療を受け完治を目指すつもりでしたが、抗がん剤の色々な副作用の説明を受けまよっています。<女性:59歳>

回答はこちらをクリックしてください。

超音波検査

先生がおっしゃったのは、よくしこりを見つけたね。この大きさエコーでは1.2㎝手術したら大丈夫とのこと。リンパも大丈夫。検査結果は病院の休み等の都合があり、来月の6日になりそうです。結果が良くも悪くも手術が必要だと思ってて覚悟しておいて!悪いと思ってるから検査したんだから、そうじゃなかったら検査してない。と言われました。<女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ホルモン治療

H25年11月に乳がん手術しH26年1月からホルモン治療中(ゾラデックス・タスオミン)です。職場の健康診断の結果ですが、ホルモン治療を始めてから上がり始めた項目があります。HbA1cです。一応正常範囲内です。H25年7月は4.8(手術・治療前)、H26年6月は5.3、H27年6月は5.4。この項目は糖尿病とかかわりがあると思うのですが、ホルモン治療の影響もあるのでしょうか?<女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ホルモン剤の乳がんリスク

ホルモン剤の乳がんリスクについて教えてください。不正出血が続き、生理不順もある為、婦人科でデュファストンを処方され、数ヵ月程服用していました。服用後から胸の痛みが強くなり、怖くなったので今は服用していません。ホルモン剤全てが乳がんのリスクとなるのでしょうか?<女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

トリプルポジティブ パージェタ

トリプルポジティブということで、ホルモン療法もハーセプチンも効くということなので、不幸中の幸いとも思っています。先生のご意見を伺えればと思うのですが、比較的進行していても、トリプルポジティブであることは、再発予防の効果をかなり期待できると考えてよいのでしょうか。<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

検査結果及び治療方法について

担当医からはおとなしい癌と言われましたが、娘結節部分を含めると5cmくらいの広がりのようですが、おとなしい癌なのに、こんなに広がるものなのでしょうか?ステージを決める際のしこりの大きさは5cmと考えるべきですか?転移の可能性もありますか?<女性:46歳>

回答はこちらをクリックしてください。

腫瘍摘出後

局所麻酔でシコリを摘出しました。術後は右胸のみで授乳をしております。子どもは現在1歳です。傷口は治っておりますが、左胸の中はまだ治ってないのでしょうか?注射器でぬかないとダメでしょうか?子どもにのませてはダメでしょうか?<女性:39歳>

回答はこちらをクリックしてください。