乳がんプラザ|乳がんの手術は東京の江戸川病院乳腺外科|ブログ


リンパ節転移について

リンパ節転移が陽性となると、イコール予後不良、再発しやすいと一般に言われておりますが、一体具体的にどうしてなのでしょうか。有るよりは無いに越したことはないということは漠然と理解してるのですが、局所治療や綺麗に取りのぞければ、そんなに悲観しなくてもいいのではと思ったりもするのですが。他の癌のリンパ節転移とはリスクの度合いが違うのでしょか。<女性:42歳>

回答はこちらをクリックしてください。

トリプルポジティブの術後治療について

トリプルポジティブは、乳がん全体の10%ほどで再発転移を繰り返しやすく予後は悪いとの書き込みが多いのですが完治は可能でしょうか?ki-67は12.8%で増殖スピードはゆっくりでおとなしい癌と認識していたのですが、HER2 3+だと進行癌になるのでしょうか?<女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。

葉状腫瘍なのでしょうか

一方的で説明もろくにないまま病院を決め検査に行くことになりました。もう一度聞くと葉状腫瘍と言われた気がします。良いものか悪いものか調べてスッキリしてきて下さい。と言われました。気が動転して詳しく聞けなかったのですが、検査もしないのに葉状腫瘍だと確定できるものなのでしょうか?今は右胸に自分で触ってピンポン玉位のしこりがあります。<女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

抗がん剤するべきか悩んでいます

手術後の病理検査結果で、ステージⅡa、3.5㎝、HER2(0)、リンパ転移なし、ホルモン療法が効くタイプで進行度もゆっくりの癌だが、若いことと、しこりが3.5㎝なのでホルモン療法と抗がん剤の併用で治療したほうがよいかもしれないと言われました。<女性:45歳>

回答はこちらをクリックしてください。

ハーツ2陽性

母が乳癌になりました。ハーツ2陽性で、ホルモン陰性、腫瘍八センチ、リンパ転移数ヶ所あり。腫瘍も、しこりではなく、広がった状態とのこと。これから、術前AC 療法、TC療法 プラスハーセプチン、半年後手術して、その後、残りハーセプチンだそうです?今は臓器等には転移はないそうです。この治療に、耐えれるか大丈夫なのか、この治療が妥当ですか?<女性:62歳>

回答はこちらをクリックしてください。

嚢胞内腫瘍について

嚢胞内腫瘍=悪性が多いのでしょうか。また、バネ式のバチンバチンという針生検をしてしまいました。これによって、せっかく非浸潤だったものでも浸潤癌になってしまったということはあるのでしょうか?<女性:49歳>

回答はこちらをクリックしてください。

BRCA遺伝子変異の場合

左乳房切除手術をしました。乳腺の看護師さんには、抗がん剤も終わって落ち着いたら遺伝子検査するのもいいかもと言われました。BRCA遺伝子変異であれば予後はかわってくるのでしょうか?BRCA遺伝子変異乳がんについてネットをみてもよく分からず困っています。<女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

腫瘍が見つかりました

先日、触診、マンモ、超音波の検査をしたところ、8ミリの腫瘍が見つかりました。触診、マンモは異常なしでした。嚢胞ではなく、念のためにということで、針生検しました。形は楕円形のようでした。家に帰り心配になり、いろいろ調べてみたところ、良性の楕円形の腫瘍は線維腺腫で、40代ではほとんど出来ない、とのこと。ものすごく心配です。<女性:44歳>

回答はこちらをクリックしてください。

乳癌の診断結果について

4月の始め頃から左脇あたりに違和感があり、4月の終わり頃に乳頭左下に小さなしこりを見つけました。不安だったので乳腺外来へ行き、そこで視触診+超音波+マンモをしてもらい「良性だと思うが、細胞診しておく?」と聞かれ細胞診をしてもらいました。その細胞診の結果がクラス5でした。<女性:31歳>

回答はこちらをクリックしてください。

術後の治療について

主治医には「ほぼ非浸潤なので、ホルモン治療も必要ないと思います。後は定期検診で良く見ていきます」と言われました。放射線も受けていません。無治療で良いのならありがたいですが、ネットで色々調べると治療は千差万別のように感じたので、ガイドライン上としてはどうなのか、あるいは医師によってどの程度の見解相違があるものなのか教えていただけると助かります。<女性:48歳>

回答はこちらをクリックしてください。

トリプルネガティブ

どう転がってもトリプルネガティブは再発転移しやすい予後というのは避けられないものでしょうか…8月3日からTC×4回行い、その後は経過観察を。との主治医のお話でしたが、母は、今は副作用の不安がいっぱいいっぱいで、寝込んでしまいました。田澤先生、抗がん剤後は、やはりもう無治療しかないのでしょうか?トリプルネガティブは定期観察していくしかないのでしょうか?<女性:65歳>

回答はこちらをクリックしてください。

浸潤性癌の温存療法、全摘術について

乳がんと診断され、手術方法を温存療法、全摘術のどちらでもいいと言われ悩んでいます。診断は多発性で左胸に2ヶ所。1つは1.1㎝大で、浸潤性乳管癌、硬癌、ホルモン感受性陽性、HER2タンパク陰性。もう1つは0.5㎝大で、クラスⅢだが悪性を強く疑うと言われています。<女性:58歳>

回答はこちらをクリックしてください。

マンモトーム生検後の乳頭出血

マンモトームから1ヶ月弱が経ちますが、当初あった痛みや内出血も引き、今は針の通り道や組織を採取した辺りに若干しこりのようなものが残っている、と言った所ですが、昨日何となくその辺りの乳輪を潰すような形で押してみた所、赤茶色の出血が乳頭から出る事に気が付き、情けない話ですが、心配になってしまいました。<女性:35歳>

回答はこちらをクリックしてください。

子宮卵巣全摘後のホルモン療法と石灰化について。

子宮卵巣全摘術を受け手術後からエストロゲンの補充療法を受けてます。手術後ホルモン療法を開始後にマンモグラフィをした所 1年半前には全く無かった石灰化が左に1個右に2個ありました。エコーもしましたがエコーでは石灰化も見えず 今急いで生検する事もないでしょうって事で半年後の再度マンモグラフィになりました。急に複数の石灰化が出来るのはホルモン療法の影響があるのでしょうか?<女性:43歳>

回答はこちらをクリックしてください。