乳がんとは|乳癌の症状、しこりや石灰化について解説|石灰化にマンモトーム|乳癌の治療|東京の江戸川病院 乳腺外科・乳腺外来

ADHと診断されました

所見: 生検標本は全部で4個です。1ヶ所ですが乳管内で不規則に増殖する上皮細胞を認め、軽度の異型性も見られます。免染を行った所CK5/6は大部分が陰性でした。DCISとの鑑別が問題になる病変ですが、少量のため確定には至らずADHとします。この診断だと、経過観察か部分切除になると先生は言われましたが、家族歴で母が52歳で乳癌になり、片側全摘だった事もあり、部分切除し病理検査ではっきりさせた方が良いと言われました。<女性:52歳>

回答はこちらをクリックしてください。