乳がん手術は江戸川病院・東京

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

両側乳がん 抗がん剤について   [管理番号:6466] 
私のタイプです。

【左】
浸潤性乳管がん(硬がん)
大きさ:2.3cm 範囲:4cm
リンパ節転移:陰性 0/7
核異型度:3
組織異型度2
リンパ管侵入:あり
ホルモン感受性:有り 各90%
HER2:陰性+2 →追加fish検査で陽性
Ki67:46.4%
全摘後エキスパンダー挿入中

【右】
非浸潤性乳管がん
大きさ:0cm 範囲:2.5cm
リンパ節転移:なし
核異型度:2
組織異型度:3
リンパ管侵入:なし
ホルモン感受性:有り 各90%
HER2:陰性
Ki67:22%

抗がん剤(AC3ヶ月後 パクリタキセル+ハ-セプチン3ヶ月)の後は、放射線とホルモン治療を並行しつつ、放射線後にハ-セプチン9ヶ月の予定です。

①抗がん剤3ヶ月と半年で再発率リスクが何%変わるのか。

②先生でしたらどんな抗がん剤治療を進めますか。

抗がん剤しなから仕事出来るのか不安なりません。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

悪性 葉状腫瘍と乳がんについて   [管理番号:6383] 
葉状腫瘍と乳がんとは間違えることはないとの記載があったため相談させて頂きたいと思います。

3/(上旬)にKクリニックにて吸引組織診を実施し、
大きかったため結果に拘わらず全摘出とその場で診断
(のう胞内の液体が多かったためその際大量に液体が出た)

検査後、急激に増大し痛みも激しくなった。

○○記念クリニックの組織診断では乳がん
・吸引組織診:浸潤性乳管、トリプルネガティブ
術前画像診断:のう胞内癌(一部浸潤疑い)

3/(下旬)施術
>液体が大きい要因とのことなので、
液を排除してからであれば部分摘出できないかと質問したところ
浸潤の可能性があるため不可とのこと

4/(中旬)退院
4/(中旬)○○予防医学研究所による術後病理検査では悪性の葉状腫瘍

担当医から術前と術後の結果が乖離しているためセカンドオピニオンを勧められ、
かつそれが決まらないと診断書も発行できないと。

>協議の結果、病院側がコンサルとして再度○○記念クリニックへ摘出後の診断を依頼

5/(中旬):Kクリニックから依然連絡がなく結果がでる目処を聞くために電話(当初連絡をくれる話になっていたが待ちきれず)
○○記念クリニックでは判断が難しい稀なケースとのことで
○○へ回され、その際に追加の提出物(?)があったため遅くなっているとのこと。
<女性:44歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

いくつかの質問です   [管理番号:6465] 
ここ3年ほど、胸に時々痛みや違和感を感じ合計5回は乳腺外科を受診しエコー検査を受けて来ました。
どれも異常は無く、最後に受けたのはたった1週間前なのですが、その検査後に気になる所ができ、精神的にとても不安になりやすいこともあり、先日また乳腺外科を受診しました。
その時にはエコーだけでなく初めてマンモグラフィ検査も受けました。
結果、やはり異常はなかったのですが、どうしても気になることがあり、ご回答頂けたらと思います。

まず、これまで20代の若いうちから頻繁に受診しエコー検査を受けているのですがそれが将来になにか悪影響を及ぼしたりすることはあるのでしょうか。

また今回初めてマンモグラフィを受け、検査の際気になっていた右胸だけ映りが悪かったのか4回ほど撮り直ししたのですが、1度に何度も撮ってしまい被爆量が心配です。
問題ないのでしょうか。
40代程から受ける検査らしいですが、まだ20代で受けてしまったことも何か将来に影響があるのではないかと心配です。

放射線量が少ないと聞きますが、異常なしという結果もあるのでむしろ検査を受けなかった程度に捉えていても良いでしょうか。

最後に、心配し過ぎて気が滅入ってしまうのもかえって体に悪いし、もういい加減やめたいので、30歳になるまではもう受診や検診は控えても問題ないでしょうか。
<女性:24歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

小葉がんについて   [管理番号:6144] 
質問事項
①妻の小葉がんがどの程度の状態なのか良く分からりません。
手術前検査は終了しているのでしょうか。
情報が足りないかもしれませんが、先生のお考え(見立て)をお聞きしたいです。
ステージ、リンパ節転移の有無、ルミナルタイプ(Aではないのでしょうか?)など。
特にリンパ節転移が気になっています。
現段階では分からないのでしょうか。

②小葉がんの場合、乳がんの10%の割合で非常に珍しいために予後が悪いとの話も聞きますがいかがでしょうか。
先生のQ&Aではそんなことはなく、低頻度で腹腔内再発の可能性があるとの先生の回答でしたが、腹腔内再発を防ぐ治療や検査はあるのでしょうか。

③今後、東京の某A病院で受診手術予定ですが、一般的な今後の治療の流れをお聞きしたいです。
あと、ルミナルBなので抗がん剤治療は必要になりますか。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

肉芽腫性乳腺炎   [管理番号:6464] 
1年2ヶ月前に突然左胸が痛み、しこりができていて、今までに2つの病院を受診しました。

最初の病院では乳腺炎と診断され、抗生物質を処方され経過観察という形になり、炎症範囲や痛みは少なくなりましたが、 しこりの場所が乳頭のすぐ下で皮膚が引っ張られて乳頭の形が変わってしまっていました。

乳輪と一体化した感じです。

それから落ち着いていましたが、5ヶ月後にしこりが子供のこぶし程に腫れ上がり激痛で他の病院を受診し、その病院で肉芽腫性乳腺炎と診断されました。

抗生物質を処方され症状が落ち着くまで通い、その後は様子を見るという形でした。

それから今までは、たまにズキズキと痛むことはありましたが腫れることもありませんでしたので、受診していませんでした。

先生にも多少の痛みはただの乳房痛だと言われました。

ただ乳頭がどんどん陥没していったのが気がかりでした。

最近また強い痛みと腫れでしこりが大きくなったので2つ目の病院に行きましたが、結局は抗生物質を1週間分処方され、それで落ち着いたらまたそのまま様子を見て下さいと言われました。

また乳頭の形成手術のことを言われました。

先生のお話では、手術をして肉芽を取らないと治らないが半年に一回の受診では手術をするほどではないし、手術は乳管を傷つける恐れがあるのでお勧めしない。

ステロイドは一概に良いとは言えない。

とのことでした。

2つの目の病院を最初に受診した段階ではまだ乳頭は陥没していなかっ
たので、その頃に治療をしてくれていればこんなことにはならなかったのでは?と思ってしまいます。

先生には大したことがないような感じで言われてしまうのですが、この状態でいることが辛いので治したいです。
<女性:35歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。