乳がん手術は江戸川病院・東京

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

HER2 の予後のための治療   [管理番号:6253] 
30歳代ならば治療をすすめるが70歳代はすすめない。

私がその中途半端な年齢であるので微妙とのこと。

① 50歳代ですが抗がん剤治療をけるべきか、3mmと小さいので必要ないか。

② ただ、グレードが2であり HER2・・・陽性 は再発の可能性が高く、悪性度が高いことが大変気になります。

③ 再発をした場合は進行がんとのことになるのでしょうか。

④ Ki67の値を聞いていないのでそれを聞いたうえで判断すべきなのか。

⑤ 何もしないにしても検診が1年後とはそこまでもあけて大丈夫なものか。

⑥ これは今さら言ってもしょうがないのですが、非浸潤ガンと言われていたのに悪性度高いHER2・・・陽性の浸潤ガンの結果に衝撃を受けました。

このようなことはあるのでしょうか。

抗がん剤治療の副作用・ダメージと再発・転移の恐怖と、自分自身日々揺れています。

しない後悔よりした後悔のほうがいいかとも考えます。

ご助言どうかよろしくお願いします。
<女性:55歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

悪性葉状腫瘍について   [管理番号:6252] 
質問があります。

①先生の他の悪性葉状腫瘍の方へのお答えを見ていると私の4cmというのは悪性にしては小さいのかな?と思っています。

葉状腫瘍は再発に注意をしなくてはいけないと学びましたが腫瘍の大きさと再発や転移のしやすさは関係ないのでしょうか?

②悪性の場合、肺などに遠隔転移する事があるみたいですが乳房に再発する前にいきなり肺に転移してしまう事もありますか?

③今悪性葉状腫瘍で苦しんでいる方には失礼かもしれませんが悪性葉状腫瘍の5年生存率が思ったより低くく不安です。
亡くなる場合はよっぽどひどい状態(誰が見ても)になっている状態なのですか?

④これから結婚を控え、もちろん子供も欲しいです。

葉状腫瘍に妊娠の影響はありませんか?
2年再発しないのを待つべきでしょうか?

⑤今術後40日ですがたまに傷の辺りがズキズキと傷みます。
これはただの術後の痛みでしょうか?再発の予兆とかではないですよね?

年齢的にもまだ若く、
これから女性としての転機を迎える身としてとても不安でショックでした。

先生のご意見をいただいて現実を受け止め気持ちをしっかり立てたいと思っております。
<女性:25歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

KI67数値の高さに怯えてしまい、落ち込んでいます。   [管理番号:3730]
ステージ1で腫瘍13mm。

エストロゲン受容体 陽性
プロゲステロン受容体 陽性
HER2 1+
核異形度 グレード1
Ki67 90%
Ki67の数値が高いためにルミナールBだという診断を受けました。

発見された腫瘍以外にも近隣にステージ0の小さな腫瘍が多々見つかり
(MRIで確認していただきました。)10月末に右胸乳房全摘をする予定です。
<女性:41歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤癌から浸潤癌への移行スピード   [管理番号:6081] 
質問ですが、
①範囲が広がっていることから、
2016年9月末、初めて石灰化を指摘された時点で恐らく乳がん
だったのではと思います。
既に1年半経っています。

MRI検査後の主治医の先生の口ぶりや、しこりがないことから、
非浸潤癌と思われますが(針生検の結果次第ですが)、
1年半も経っていれば浸潤する可能性は高いでしょうか?
一概には言えないかもしれませんが、どうかご意見お聞かせ下さい。

MRIの結果全摘と言われても中々受け入れられません。

最初の時点で針生検していれば温存対象だったかもと、
今更言っても仕方ないですが悔いが残ります。
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

高齢者の抗HER2治療について   [管理番号:6251] 
主治医よりホルモン療法と抗HER2治療の提案がありました。

『年齢のことを考慮しホルモン治療単独を考えていたが、本人が希望するのであればより効果のある抗HER2治療も行ないます』

もし抗癌剤治療を行なうのであれば、田澤先生が高齢者の患者さんに進めておられる『weeklyPTX+HER』を
お願いしようと思っております。

パクリタキセルでの痺れ、ハーセプチンでの心機能の衰えや投与後の発熱などの副作用は治療終了とともに治療前の状態に戻りますか?
その副作用は一生ではないにしろ多少は継続するものなのでしょうか。

また母は抗癌剤による脱毛を一番気にしております。
抗HER2治療では脱毛の程度が軽い抗癌剤の選択は無いのでしょうか。

ホルモン療法単独での効果は、無治療よりはましであるといった程度でしょうか?

母とは離れて暮らしております。
投与当日及び何日間は付き添ってあげた方が安心ですか?
<女性:78歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

悩み 迷っています。   [管理番号:6250] 
2000年に左乳房切除術~ゾラデクス注射3年~ノルバデクス2年後52歳で閉経。
今年3月右乳房切除術。
病理結果右上大きさ1.2cm 細胞異型は軽度リンパ節転移陰性ホルモン感受性陽性HER2陰性右下非浸潤
ER99.3%PgR60.31 Ki5.17。
ホルモン療法の追加なのですが。
アロマターゼ阻害薬による指の関節痛が怖すぎるからです。
何故なら60%の確立率で症状が発生。

何もしない選択肢もあると先生はおっしゃるのですが それでも 私の場合問題ないのでしょうか。
<女性:63歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。