乳がん手術は江戸川病院・東京

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

乳がん転移再発について   [管理番号:6083] 
3年前に右乳房全摘しました。
しこり24㎜、ルミナ-ルb、リンパ節転位10個でした。
術後抗がん剤、放射線、ホルモン治療(副作用の為途中で中止)後順調に来てたのですが、昨年末に鎖骨から上の浮腫みが酷く受診したところ、再発を告げられました。

年明けすぐのPETで、リンパ、肝臓、骨いずれも多発転位が判明しました。

すぐにイブランスとフェソロデックス治療が始まり、ランマークも追加しました。
治療後1ヶ月での血液検査の結果、あまり効果が出ていないと言われました。

まだ始めたばかりなので何とも言えないけど、次回の検査で今後の治療方針を決めましょうと言われました。
イブランスは新薬ですし、それが効かないと次の手はあるのですか?
田沢先生ならどのように治療されますか?
<女性:54歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

エコー 二センチ 2つ 生検しました   [管理番号:6000] 
7月末に超音波とマンモをしました。
左側低エコー 二センチ以内 二個 要検査と結果がきました。
要検査がこわく、病院が混んでるということを理由に診察も行かなく、先週、要検査 超音波エコー マンモうけなおしてきました。
結果 生検しましょうと。
その時の先生の表情が怖く何もきけませんでした。
私自身心臓もバクバクです。
私が授乳を右で主にしてたから左にしこり(自分ではきずかなかったです)できたのかな?というと、違いますといわれ、生検の結果は二週間後ということで、まだ、結果はきけてませんが。
転移は大丈夫かなとか悪いほうに悪いほうに考えてます。
<女性:42歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤をかえるべきか   [管理番号:6123] 
8年前初発、ホルモン陽性ER95、PG5HER2?4年半で骨転移、三大治療の後フェマーラ
再発後ノルバデックス、半年、ts1 2年弱、八ヶ月前、肝転移
フェソロディクス三ヶ月でアバスチン
タキソールを11月(中旬)日から点滴、1クールCEA155から148
2クール後75 3クール後52で順調に下がってるが3クール後のCTで肝臓
増大、胸水少し 全然自覚症状なし どこも痛いところなし。

CA153は60代で少し下がったり上がったりです。
マーカーがこんなに下がっていっても変更しなくてはならないのか変えるのだったら何がいいのか?
<女性:66歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗ガン剤治療について   [管理番号:6122] 
昨年5月に乳がんが見つかり6月に手術をしました。
左胸を全摘出、リンパ節にも移転しており(3個)摘出しました。

結果
①乳頭線管癌 ②硬癌 腫瘍の大きさ ② 1.5センチ
リンパ節転移の個数 3個42個中 腫瘍の悪性度 1
エストロゲン受容体 50%以上 プロエストロゲン受容体 50%以上
HER2 陰性 脈管への侵襲 あり
でした。
先生からは、赤の抗がん剤Fecを 6回+ドセタキセル6回+ホル
モン治療を言われてドセタキセル5回まで終わりました。

次の診察でドセタキセル6回目の抗がん剤を予定しておりますが、正直4回+4回の抗がん剤のパターンをネットで見たりして、充分抗がん剤治療をしているのではないかと思い、6回目の抗がん剤治療をやめようかと思っています。
田澤先生の見解はいかがでしょうか?
<女性:50歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。