乳がん手術は江戸川病院・東京

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

術後の治療   [管理番号:6078] 
左側乳房切除術を受けました。

2月(下旬)日に病理検査の結果を聞きに行ったところ、術前と同じ非浸潤性乳管癌 センチネルリンパ転移無しとの事で、安心したのですが主治医から提案がありました。

がんが筋肉付近まであったので、放射線を30日やってみるのは、どうかと。
やるかやらないかどちらでも良いとのお話でした。

検討しますと帰って来ましたが、だんだんと不安を感じるようになりました。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤の必要性について   [管理番号:6077] 
病理結果ですが
・浸潤性乳管癌(充実腺管癌>乳頭腺管癌>硬癌)
・浸潤径:3.2cm
・核グレード2(核異型、核分裂像 共に2)
・リンパ節転移有り(微小転移:センチネルリンパ節1.2㎜)
・リンパ管侵襲、静脈侵襲ともに認められる
・切除断片は癌陰性
・サブタイプ:ルミナルAとBの中間(と主治医から言われました)
→ホルモン受容体: ER、PgR共に陽性 中等度(10%以上との記載)
→HER2: 陰性(1+)
→ki67: 20~30%

この結果で
ki67の値をルミナルAと判断するなら、ホルモンのみ。
ルミナルBと判断するなら、化学療法を追加すべきで、主治医からはどうしたいか選択するよう言われました。
化学療法はAC療法かCMF療法とのことです。

オンコタイプDXも進められましたが、高額なので、あまり視野には入れてません。

質問①
田澤先生は、この病理結果に化学療法をするべきと思われますか?また、薬は何を選択されますでしょうか?
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

40になってから指摘されたしこり   [管理番号:5882] 
新しいシコリも私が
画像を見た感じはゴツゴツはしていません。
①イレギュラーかもしれませんが39歳くらい?でできた線維腺腫なのでしょうか。

②それとも、2ヶ月前に授乳をやめたため、乳瘤なのでしょうか。
しかし、三才近い子なのでおっぱいはもうペチャンコでほとんど出てない状態でした。

③葉状腫瘍の可能性は高いのでしょうか。
葉状腫瘍だとすれば細胞診は良性の結果なので経過観察は半年で良いでしょうか。
それともバネ式の検査をお願いすべきでしょうか。

④ガンの可能性は高いのでしょうか。
<女性:40歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

治療方針   [管理番号:5919] 
ステージ2。
ホルモン療法が効果のあるため、あと増殖の割合が70%と高くルミナールBと言われました。
今からだと2月の手術になり、先に抗ガン剤を投与するか手術後の抗ガン剤かと言われ先に抗ガン剤になりましたが、違いはありますか?あと、先生はあまり推しは強くない印象でした…。
手術後に抗ガン剤と思ってたので…。
あと増殖%が高すぎて不安です、これも今後に関わりありますか?
<女性:34歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

非浸潤性乳管癌   [管理番号:6076] 
毎年うけている検診で石灰化のため
要検査になり、針生検の結果、
非浸潤癌と言われました。

範囲が広いため全摘になるようです。

1、針生検で非浸潤の場合、
1センチ以上の浸潤部分がある可能性はどのくらいですか?

2、抗ガン剤をしたくないのです。

5㎜を越えた場合、抗ガン剤は考慮するという表現のようですが、田澤先生はどのサブタイプでも抗ガン剤をすすめますか?

3、考慮するというのは、無治療でも再発率低いから考慮するなのですか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。