乳がん手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

治療方針について   [管理番号:5978] 
ca15-3の腫瘍マーカーがそれまで20で安定していたのに8月に22.6 11月に31.9と上昇しました。
CTを撮りましたが画像ではわからず、11月にはpet-CTを大学病院で受けましたが、「画像では転移を疑う変化を指摘できず。」取り敢えず薬を12月よりフェマーラに変更しましたが12月41.6→1月68.1と腫瘍マーカーが上昇しています。

2月にまだ腫瘍マーカーが上昇しているならば薬を変更することになりそうです。
フレア現象なのかどうか画像では判断できないので判断が難しいみたいです。

主治医はフェソロデックスか、早い時期に抗がん剤か悩んでいるみたいです。
<女性:53歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

乳房全摘+リンパ節郭清後の放射線治療について   [管理番号:5977] 
・全摘+リンパ節郭清を行い、断端やリンパ節に がんが検出されていないにもかかわらず、
放射線治療を行う必要があるのでしょうか?(5、10年の無再発生存率は?)
見えない がんがあるのかとも思いますが、それであればリンパ節温存し、
放射線治療を行う選択肢はなかったのか疑問に思います。

また、この事例において放射線による再発防止効果は二次がんのリスクを上回るのでしょうか?
・照射範囲(胸部・わき)をどのようにするか選択肢はありますでしょうか?
・放射線治療した場合、二次再建は難しいと言われましたが、成功率はどの程度でしょうか?
<女性:39歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

母親の治療方針の誤りかもしれない件について   [管理番号:5924] 
もう今さら治療方針は変えていただけないと思いますので、このまま抗がん剤を投与し続けて、手術で全摘出ということになると思うのですが、術前抗がん剤をした場合には、手術後の抗がん剤は投与しないのでしょうか?

ちなみに昨年11月(下旬)日に1週間入院で投与してもらい、本日2回目の抗がん剤投与日です。

白血球の数値も前回の47→45に下がってたものの、投与しに行ってる最中です。

正直な話、術前抗がん剤はほぼ意味がないという感じなのでしょうか?
<女性:62歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

抗がん剤の必要性   [管理番号:618] 
タキサン系の抗がん剤について、今の段階でやらなくても良いか、行った場合とやらなかった場合の転移・再発率のパーセンテージ。タキサン系の副作用の末梢神経障害がものすごく不安で、この末梢神経障害が後遺症として残るパーセンテージを教えて頂きたい。(知人で、つい最近治療を終えられた方がいて、包丁が持てない、本がめくれない、家事はできない、という様な事を伺ったのでものすごく心配です。<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。