乳がん手術は江戸川病院・東京


乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

片側分泌、非浸潤性癌の疑いと今後の治療方法について   [管理番号:5879] 
田澤先生にご質問したい内容については以下の点です。

1.血が止まらなかった場合は、やはり乳管造影をしていただくべきでしょうか。

※ただ、2回失敗されているので、今回成功するかどうか非常に不安です。
もしできなかった場合は、外科的生検をお願いすべきでしょうか。

2.血が止まっていた場合は、主治医の先生は、エコーで確認後、外科的生検をするようなお話をされていましたが、マンモトーム生検でほぼ摘出してしまっている病変に対して、外科的生検をすることは可能なのでしょうか。
<女性:37歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

両側乳がん   [管理番号:5471] 
最初に正しい診断をされなかった不信からこの時点で転院を決め、新たな病院で10月(下旬)日に手術の予定です。
主治医より、術後治療は ホルモン療法+-化学療法とのことです。

リンパ節への転移の有無で判断されるということだと思います。

また私としてはKI値が高めで気になりますが、化学療法は恐怖が先立ちます。

勧められた場合はオンコタイプDXなどをした方がいいのでしょうか。
<女性:68歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

脇の下のしこり   [管理番号:5706] 
ここにきて脇の下に大きめのしこりに触れたので急に不安になってきました。
田澤先生が脇のしこりの説明で書かれているしこりの場所も①と思いたいけれど②のような気もします。
柔らかいと思いたいけれど硬いような気もします。
触ろうとするとつるっと動きます。
皮膚に近いというよりは奥にあるように思います。
外から見た感じでは変わった様子はなく、痛みもありません。
<女性:31歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

母親の治療方針の誤りかもしれない件について   [管理番号:5924] 
もう今さら治療方針は変えていただけないと思いますので、このまま抗がん剤を投与し続けて、手術で全摘出ということになると思うのですが、術前抗がん剤をした場合には、手術後の抗がん剤は投与しないのでしょうか?

ちなみに昨年11月(下旬)日に1週間入院で投与してもらい、本日2回目の抗がん剤投与日です。

白血球の数値も前回の47→45に下がってたものの、投与しに行ってる最中です。

正直な話、術前抗がん剤はほぼ意味がないという感じなのでしょうか?
<女性:62歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

反応性リンパ節腫大について   [管理番号:5955] 
こちらのQ&Aを読んでいて心配に思ったことがあります。

反応性リンパ節なのか転移性リンパ節なのかはエコー像で見ればわかることのことですが、他の質問で『小さければ小さいほど形だけでは判断しづらいから経過観察となる場合がある』と見ました。

私のリンパ節は今回2.7mm程の小さな腫れだったのですが、先生は迷う様子もなく、『悪いものではない。反応性リンパ節だと思います。』と判断していました。

小さくてもエコー像で明らかに正常なリンパ節の腫れだと分かるのでしょうか?
<女性:32歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

パジェット   [管理番号:5954] 
先月末に乳腺外科で触診、エコー、マンモグラフィーを受け異常なしでした。

しかしその後、ネットでパジェット病を知り不安になってきました。

私の乳頭は全体的に茶色っぽく平らじゃなくボコボコしている感じで、一部ピンクというか薄茶い色ムラがあります。
普通にチラッと見ただけじゃ分かりませんが、ライトを当てると2mmくらい赤黒いポツッとしたものがあるのを見つけました。
赤い分泌物?!と思ってティッシュで拭いてみたけど液は出ていません。
赤いポツッとしたものがあるだけです。
これは気にしなくてよいですか?
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。