乳がん手術は江戸川病院・東京

乳がんに関するQ&A 回答を公開しました。

 

石灰化広範囲 浸潤(乳管内進展あり)   [管理番号:5917] 
石灰化が広範囲にあり、ステレオガイド下マンモトーム生検をしたら浸潤癌がみつかりました。

先生のお話では非浸潤癌が広範囲にひろがりところどころで浸潤がある。
広範囲のため全摘がいい。
この6㎜以外にも浸潤があるだろいなということで、こちらのQでも田澤先生の答えもそうなので覚悟はしています。

114回のコラムで全摘=乳腺のひろがりがひろいとリンパ転移しやすいと読みました。
全摘出の場合のリンパ転移の確率が50パーセント弱で不安になりました。
私は浸潤小さくても範囲が広いため全摘出なのですが、
<女性:30歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

再発なんでしょうか?   [管理番号:5841] 
受診したところ即「生検しましょう」となりました。

一番最初乳腺ではないと言われたと言うと「乳腺だけとは限らないので…。内側の縦に並んだのが気になる」との事でした。

あまりよろしくないですか?と聞くと「う~ん…」という感じの答えで一気に大きな不安に襲われています。

10月の術後検査で(採血、マンモ、エコー、触診)で何もなかったのに、
2週間後に何か良くないもの(再発等)が急速に出来たりするものなのでしょうか?そして1ヶ月もしないうちに育ったりするのでしょうか?
<女性:45歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

しこり?   [管理番号:5916] 
先生の過去の回答に「自己触診の範囲は鎖骨下から乳房下までで腋窩も触る」とありましたが、一般的にマンモ、エコー検査でもその範囲は全てチェックされているのでしょうか?
私が気になっている場所は先週の検査で 確認済みと考えてよろしいでしょうか?
先週「異常なし」と言われたばかりなのにあまりに気にしすぎでしょうか。
自己触診していると骨のようなものまでしこりなのかと感じてしまい不安になるばかりです。
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

術後の治療と予後   [管理番号:5915] 
左乳ガンで温存手術を行いました。

12月からタモキシフェンが開始、
今年から放射線が始まっています
手術後の病理検査では
大きさ2、5cmと術前の1、9cmより大きくなりなりました。

ホルモンが強陽性でher2は陰性です。

グレードは2でしたがkiは計っていません。
この場合抗がん剤は必要ないでしょうか。

私の予後はいかがでしょうか。
<女性:51歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

要経過観察   [管理番号:5914] 
会社の健康診断で今までのクリニックではなく別の病院(健診専門病院)を受診しました。

結果は
【所見①:左上外側 低エコー腫瘤】
【所見②:乳管拡張】
【診断名:乳腺腫瘤疑(6ヶ月後再検査)】
(今までは口頭での報告のみだったのでこのような所見や診断名は初めて知りました。)

今までも指摘があった部分なので気にすることではないのかも知れないですが、母が数年かけて癌になったこともあり、癌の可能性はないのか、また母と同じように数年後癌が見つかるのではないかと不安です。
<女性:33歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。

 

壊死巣と増殖スピードに関するご質問   [管理番号:5690] 
癌に大きな壊死巣があること、たった9ヶ月で2センチ弱まで大きくなるのは、増殖スピードがかなり早いということでしょうか。
その割に核グレードがNG1、Ki67もそこまで高値ではない事実があり、「大きな壊死巣と言う事実」と「NG1、Ki67の値」がやや矛盾するような気がするのですがこの点についてご意見頂けますでしょうか。

また仮に増殖スピードが早い場合、転移の確率は増加するのでしょうか。

加えて、in situ、少量ということは非浸潤性部分が少し残っているということでしょうか。
<女性:38歳>

⇒ 回答はこちらをクリックしてください。